18

18

ju-hachi

2020/10/23・24・31 ドン・キホーテ[新国立劇場バレエ団] 感想

※取り急ぎ3公演分の感想。行けそうだったら更に追加予定。

2020/10/31ソワレ公演感想を末尾に追加。

 

2月「マノン」公演以来、やっと、やっと、新国立劇場バレエ団のバレエを見ることができました。

「竜宮」を見られなかった悔しいあの日から、いやー、本当に長かった。

また、本当に久しぶりに3幕もののバレエ鑑賞でした。

 

吉田都芸術監督就任、記念すべき第一作目となりました。

上演まで、さまざまなメディアへの露出増加具合に、吉田監督のネーム・バリューのすさまじさを感じること多々でした。

チコちゃんに叱られる!」とのコラボ企画も新しい試みですね。

実は、たまに見ている漫画アプリの中でもこのコラボに関する宣伝動画を見かけており、バレエ公演の宣伝をこんな媒体で見るようなこと、今までほとんどなかったので、驚きでした。

ポスターもこれまでとは違う路線に刷新されていましたし、これからいろいろ、宣伝にも力を入れていくのかしら。

 

poster

 

 

鑑賞した3公演ともとても満足度の高い楽しい舞台で、各公演のキトリ・バジル達にはそれぞれ本当に魅せられました。

これだけの公演を国内で鑑賞できるなんて、本当に幸せだな、と思います。

日替わりキャストも本当に贅沢だし、こんなにキャスト違いがあったら絶対いろんな日の公演を見たくなるよね…(時間と体力さえ許せば全部見たかった…)

 

全体的には、なんというかお上品でお行儀が良いドン・キだなーという感じで、少々期待していた程の盛り上がりには欠けたな、と思います。

 

でも、今回主役も含めて芝居がこれまでより一層作り込まれていて、そこがよかった。

主役以外にも会話が見えるような演技が浸透しているような、ガヤガヤと騒騒しさが感じられるような部分もあって、個々のキャラクター作りが濃いように思われ、そこかしこで繰り広げられる小芝居がとても楽しく見られました。

群舞はそろってるけれど、逆に個々の雑然としたところが少ないようなところが気になることがあったのですが、今回はそれが少なく感じ、それによって余計群舞のそろいっぷりが際立って映えて見えました。

 

新シーズン、新監督の下でのこれからの進化に大いに期待ができそうで、鬱屈としたコロナ禍の中で、新シーズンの幕開けを飾る、いろいろな面で明るく眩しい公演でした。

 

 

 

各回の感想。まずは23日金曜、初回公演。

※キャスト表はTwitterから入手。

castcast

幕が開けて後、しばらくの間は、街中のシーンでも何だか静かなドン・キホーテだな…と思っていたのですが、群舞のあたりから盛り上がり、楽しい雰囲気になってきたように思いました。

初日の緊張感(ダンサーも、観客も)のせいだったのかしら。

 

 

主役のキトリを演じた米沢唯は、もう踊りが超絶技巧すぎてびっくりでした。

なんだか一層パワーアップしていたんじゃないでしょうか。

以前より上体の動きが良くついて、パの動きがより大きく、存在感が増していたように思いました。

ソロヴァリエーションもどれも素晴らしかったですが、3幕のパ・ド・ドゥが特にすごかった。

片足でバランスを取る部分ではピタッと立ったまま。いや、もう自立し過ぎじゃないですかね?

フェッテは扇子を開閉しての3回転織り交ぜて目にもとまらぬ超高速、しかも全く軸もぶれず、神業的でした。

 

バジルの井澤駿は、個人的に米沢とはあまり相性良くないのでは?と思っていたのですが、この日は全くそんなこと感じさせなかったです。

回転技が決まっていたし、跳躍でもとても生き生きとしているように見えました。

 

片手リフトもフィッシュダイブも危なげなく、3幕パ・ド・ドゥのこの2人の盛り上げ方は半端じゃなかったです。

開幕を飾る素晴らしい、魅せる踊りでした。

 

 

1幕、貝川演じるドン・キホーテは、手足長くてスタイル良すぎでした。

髪の毛の、角みたいな部分が可愛らしい感じで、表情も良くて目がとってもキラキラ。

これは風車にも突っ込んでいきそうという感じでした。

サンチョ・パンサの福田圭吾はトランポリンシーンの飛距離がすごかったですね。

ガマーシュはこの回、奥村康祐で、オールホワイトの衣装ですが、1つ1つの行動がコミカルで、凄まじい存在感でした。さすが。

 

エスパーダの木下は、キメッキメのキレッキレの踊りでした。

細身なので迫力には欠けたのと、もうキメキメすぎてちょっとコミカルというか、ギャグみたいにみえちゃいました。

翌24日公演でジプシーをやっていた時の方が溌剌として似合っていたように見えたので、動きの早い、ガヤ担当みたいな踊りの方が合ってそうな気が個人的にはしました。

 

この回の街の踊り子、寺田は上品な感じの踊りで、この役柄ではあまり好みではなかったです。

ナイフは実際に舞台に突き立てる式で、鑑賞したどの回も手に汗握ってしまったのですが、案の定、見た回では全て何本か倒れちゃっていました…。

 

キトリの友人、奥田ジュアニッタと飯野ピッキリアは、ぴったりそろった踊りでしたが、上半身の動きが少ないような、ニュアンスがなくて面白味の少ない感じの踊りに見えました。

 

 

2幕、酒場のシーン、カスタネットの踊りはカスタネットをダンサーが生演奏するんですね。

合わせるオケの音楽が静かだし、余計緊張しそう…。

この回では細田千晶が踊っていましたが、表情や雰囲気がとても良かったです。

 

メルセデスの渡辺与生は、この役どころぴったりでした。

背中を大きく反る動きも、長いスカートの布捌きも大きくて、表情もキリっとした部分と笑顔が織り交ざって色っぽく、素敵でした。

 

ジプシーの踊りの衣装がとってもカラフルで素敵でした。

瞬間芸みたいな激しい踊りで、これはどの回も素晴らしかった。

新国立のバージョンだと、このジプシーの部分の物語というか、存在感が薄いですよね。

個人的には曲も好きだし、大分残念です。せっかく衣装もステキなのに…

 

夢の場、キューピッドの五月女は、うーん、ちょっと個人的にはイマイチでしたね。

(ピンクのカツラは、どうにかなんないものでしょうか…。)

跳躍の軽さはいつも通り素晴らしかったですが、その他の移動幅が何だか少ないような。

柔らかい感じの踊りなのか、そうでないのかが、ちょっと曖昧な感じに見えました。

森の女王はこの回、木村優里で、堂々とした踊りでしたが、腕の動きが少し気になりました。ちょっと縮こまって見える?いや、優雅でよかったです。

 

(夢の場は、きっとコロナが無ければもっと群舞増やしたかったのではないだろうか?と思ってしまったのですが、どうなんでしょうか。)

 

 

3幕、ボレロを踊った速水渉悟はこの後の公演で全幕主演デビューが控えていますが、いやーきっと似合うだろうな、と期待できる踊りでした。

後、是非ともエスパーダを踊るのを見てみたいな、と思いました。

 

 

カーテンコールでは、吉田都芸術監督も登場され、(すぐに袖に帰られてしまいましたが…)観客はスタンディングオベーション

素晴らしい、華々しいシーズン開幕の舞台でした。

 

 

続いて翌24日、マチネ公演。

castcast

 

この日のキトリは木村優里。気の強い姉御っぽいキトリに思えました。

彼女は憑依型とでもいうべきか、役になりきるタイプだと思うのですが、演技が相変わらずよかったですね。

表情が割と大げさで(嫌いな人もいるだろうと思うけど)、やっぱり私は好みです。

あっかんべーしたり、くるくる変わるキトリの表情ばかりついつい目で追ってしまいました。

 

一番注目したのが1幕片手リフトの場面。

1回目、(3回見た公演の内、どの公演の誰よりも)長いキープが決まった後、2回目のリフトではちょっとよろけてすぐに降りちゃったのですが、その時の木村キトリが「あら~短くなっちゃったわ」みたいな、いい表情をしていて、会場も笑っちゃったんですよね。

こんな演技がとっさにでるなんてすごいなぁーと思いました。

 

踊りも、ドルシネアのバリエーションが、ちょっとバロネもシソンヌ・アチチュードもちまっとした移動の少ない踊りだったのが残念でしたが、他はとてもよかった。

3幕パ・ド・ドゥのフェッテでは、1回転部分のタメのあるゆったりさ、扇子を開閉しての3回転織り交ぜ、笑顔で余裕で回り切っていました。

(フェッテの際、この回では白い扇子を使っていました。米沢の回の時の扇子、赤だった気がしたけけど…?勘違いかもしれません。)

その後のシェネとピケも超高速でした。

1幕ソロの連続回転も、その他の回転もほとんどタメなく回っている感じに見えましたし、回転系の技はさすが、お手の物ですね。

 

渡邊バジルは、要所の跳躍がすごく高かったのには目を見張りましたが、なんだか不調でしたね。

ソロの踊りは危なげなかったのですが、全体的にちょっと固い感じがしました。

2幕の狂言シーンは本当に死んでしまいそうな深刻さがあって…全体的にもうちょっと遊びが欲しい感じがしました。

 

 

この回のエスパーダは井澤駿でしたが、木下のエスパーダより、キメ具合がほどほどというか、適度なのが個人的に良かったです。白い衣装、似合い過ぎでした。

 

街の踊り子、柴山紗帆は雰囲気も似合っているように思えて良かったのですが、いかんせん、この回はナイフが何本もバラバラ倒れてしまった方が気になってしまいました…。

 

サンチョ・パンサの高橋一輝、この回のトランポリンシーンでは飛んでる間に寝返りのようにぐるぐる回る技を織り込み、会場からも拍手。

 

この回でジュアニッタとピッキリアを踊った廣田、横田は、上体の付け方が好みでした。

 

 

2幕、この日のカスタネットの踊りを踊った朝枝尚子は、オケともリズムぴったりで素晴らしかったです。

夢の場のキューピッドを踊った広瀬は全体的に柔らかい踊りで良く、森の女王の細田千晶は、前日のカスタネットの踊りとは打って変わって優雅で柔らかい踊りで、これも良かったです。

 

 

3幕、キトリ友人のヴァリエーション、第1を踊った五月女は、前日に見た時のキューピッドの踊りより断然似合っていました。

跳躍と回転の多い、彼女の得意なパが多いバリエーションなのだと思うのですが、着地に全く音が無く、ハッキリとした軽やかな踊りでした。

 

 

ラスト、24日ソワレ公演。

castcast

この回、主役2人の芝居がすごく面白くて良かった。

 

小野絢子のキトリ、溌剌としていて、予想外に3回見た公演の中では一番キトリにあっていたのではないかと思いました。

豪快な笑顔を見せたり、ツンとした表情を見せたり、2幕の狂言シーンでは大げさにさめざめと泣いたり、ロレンツォに持ち上げられてバタバタしたり、こんなに小野って表情くるくる変わったり、にぎやかでしたっけ?

もうよかった芝居が多すぎて書ききれませんが、特に酒場のシーンで、酒をあおり続けていたり、体を小さくして必死に隠れた後、ロレンツォに見つかるシーンも、2度見する感じで「あ、どうも~」みたいなやり取りをする表情や間がとてもよかったです。

 

踊りももちろん素晴らしかったです。

1幕も跳躍の1つ1つでパッと華が咲くようでしたが、特に2幕、ドルシネアのヴァリエーションが抜群でした。

序盤のアチチュード・フェッテ・アラベスク、軽々として1つ1つのポーズで微動だにせず、足先から指先から全て行き届いた可憐、かつ神々しいばかりの素晴らしい踊りでした。

3幕パ・ド・ドゥではパンシェがとっても美しかった。

フェッテでは1回転がゆったりと優雅に、要所で2回転も入れていました。

(小野はこの部分、扇子を持ったりはしていませんでしたかね。)

その後のピケは歩幅が広く、すさまじい移動距離でした。

 

福岡雄大の気のいいお兄ちゃん風のバジルもとてもよかったです。

芝居で多分、一番笑いを取っていました。

1幕の、ガマーシュの帽子が脱げた頭を見て「禿げてるー」みたいな表情も個人的に良かったのですが、2幕の狂言が傑作でしたね。

客席にシーっとするふりを入れたり、死んだふりの間には小野キトリにキスしたり、手を動かしてみたり、間合いも表情も最高でした。

余裕が、他の回のバジルとは違う感じでしたかね。

 

踊りも、ソロでは3回見た公演の中で一番大技を入れていて、気持ちの良い踊りでした。

1幕ソロの上体そらしが抜群、その他の部分もパとパの間に色々と小技を入れていました。

 

3幕パ・ド・ドゥではアチチュードポーズの小野キトリをぶん回す部分があったのですが、これがちょっとうまく決まりませんでしたかね。

片手リフトもグラついてしまってうまく決まらなかったですが、他のフィッシュダイブなどは少しの不安も無く見れました。

 

 

この回、大抵のキャストは一度見た人でしたので、目を引いた部分だけ。

サンチョ・パンサの福田は、初日よりもトランポリンシーンでより高く跳んで、更に正座して跳んでたいたりもしていたと思います。

また、この日のメルセデスは益田でしたが、布捌きに苦戦していたような気がしました。上体は美しかったですが。

 

あと、この回で、誰だか全くわかりませんが、1幕、キトリに扇子を渡したダンサーが自分の扇子でキトリをパタパタ扇いでいた芝居がリアルで個人的にツボでした。

 

 

 

time tabletimetable

 

個人的なメモとして、キトリの衣装が、1幕赤黒、2幕はキトリでは白黒、ドルシネアはピンク、3幕は赤でした。

 

どの回も東フィル の音楽、明るくてすごく良かったです。生オケ最高でした。

 

--------


劇場のコロナ対策についてメモ。

入場時の体温測定と手指消毒、来場者カード記入必須(紙で提出)、チケット半券は自分でもぎる、エレベーターはなるべく使わないようにという張り紙、ロビーで食べ物の販売なし、ロビーの机撤去・座席を対面不可な形に設置、トイレのうがい薬設置中止、和式便所閉鎖、便座除菌シート設置、ブラボー禁止、時間差で退場、1階の舞台付近の3列は販売なし、

などなど。

座席は収容率緩和のため、両隣空きでの販売から追加販売され、結構埋まっている感じでした。

 

lobby

 

コロナ対策的には、直近で観たKバレエの方がより安心して見れたように思います。

Kバレエは座席1席おきのままでしたし、これでもかとアナウンスも入れていて、スタッフもかなり目を配ってくれていたのがわかりました。

 

新国立の方が、色々と気にかかる部分が多かったです。

いや、もちろん、観客側の問題でもあると思うのですが…

客席での会話はすごく多かったですし、1席空け販売からの追加販売のため座席をまたで会話している人も。

席でマスクを外している(しかもそのまましゃべっている)人も散見され、スタッフが注意してくださっていた場面も見ましたが、見逃されてしまっている場面も多かったです。

「ブラボー」叫んでいる人がいた回もあり…接触確認アプリを利用している場合のスマホの設定に関してのアナウンスは追加されていましたが、もうちょっと他のアナウンスも追加で入れて下さっても良かったのかな、と…。

あと、トイレの便座除菌シート、2日目に来た時にはカラッカラに乾燥してしまっていました。。。

 

うーん、早く余計なこと考えないで鑑賞ができる環境になってほしいものです…。

 

--------

 

※10/31ソワレ公演も観てきたので追加。※

 

キャスト表。

castcast

 

速水渉悟の記念すべき主演デビュー公演でした。

いや、本当に初主演なの?ってくらい、実に堂々とした主役っぷりでした。

DAIFUKU.vol6.で彼を観た時に、「絶対にチケット買い足さねば…!」と思っていたので、見れてよかったです。

 

雰囲気としてはイケイケでチャラいヤンキーみたいなバジルだったように思うのですが、踊りが端正で、そのギャップが個人的にツボでした。

バジルとキトリ、見つめあってイチャイチャしてる様がなんかかわいかったですね。

きっと、会場にいる多くの人が「俺の唯!」と思いながら見ていたと思います。

個人的にはもっと「俺の唯!」感あってよかったと思います笑

 

1幕パ・ド・ドゥでは肩に乗せるリフト失敗などヒヤッとした所もあったのですが、片手リフトはとっても長くキープしていましたし、ソロの部分はどこも本当に素晴らしかったです。

1幕から力強い踊りで、2幕酒場のシーンではサラーっと540をかまし、高速の回転では最後に手拍子まで入れる余裕まで。

3幕パ・ド・ドゥでもまたサラーっと540を入れて、跳躍の素晴らしいバネを見せつけていましたし、高速回転し続けて、もう米沢唯相手に回転対決みたいな様相で、客席も大盛り上がりでした。

 

小野・福岡を観た後だとちょっと芝居は物足りませんでした。

狂言自殺シーンは頑張ってるなーって感じでしたが、表情がワンパターンに見えて、もうちょっと全体的に変化が欲しい感じでした。

これからに大いに期待です。

 

最後、カーテンコールではみんなお祝いムード。

速水、さらっと米沢の手を取ってキス、そして幕の前に速水一人で登場するシーンもあり、観客も大興奮でした。

(しかし、ヒューヒュー歓声タイムに突入してしまいました。そりゃあ、我慢してましたよね…気持ちは…気持ちはわかるんですが…。)

これから主演を見たいダンサーがまた増えました。

楽しみにしています。

 

2回目の米沢唯キトリ鑑賞でしたが、この日も相変わらず素晴らしかったです。

3幕のフェッテは相変わらず微塵もブレずに扇子を開いて閉じての3回転を入れていました。

(赤い扇子使っていました。人によって使っている扇子変えているのかしら。)

なんとなく彼女のキトリは無邪気で箱入り娘っぽい感じがしました。

キトリらしいか?というとちょっと疑問ですが、いや、踊りで黙らせるタイプですよね。

 

福田演じるサンチョ・パンサは、初っ端ドン・キホーテの机の下に隠れる時はゴローンと転がり込んでいたり、トランポリンシーンは体を抱え込んで1回転いれたり、見るたびに演技もどんどんこなれてきてよかったです。

 

この日も1幕踊り子の部分はさっぱりナイフが刺さらず、あわや踊り子が踏んづけそうになっていてヒヤッとしました。

 

エスパーダは木下、実に3回目の鑑賞です。

連日ぶれないクオリティなのがすごいな、と思ったのと、この日の2幕の踊りは見た中で一番良かった気がしました。

こう、キメ過ぎてないくて適度で、色気が見えたような。(私が見慣れたのかもしれませんが…)

 

この日、キューピッドの五月女も、何回か見た中では一番良かったな、と思いました。

夢の場の部分で舞台を引っ張って行っている感じがしました。

 

今回、酒場のシーン、カスタネットの踊りの部分で、それを見ている周りのダンサーがリズムを合わせて机などを叩いていたシーンがあったのですが、これまでもこんなシーンありましたっけ?

見逃していただけかもしれませんが、公演途中に追加されたりしてるんでしょうか…。

 

あとは、3幕、ボレロが先日バジルを演じていた渡邊峻郁でしたが、こっちの方が丁寧な踊りが生きていて良かったように思いました。

 

timetable

 

新監督、新シーズン開幕の祝祭的演目としてバッチリでしたね。

何回も素晴らしい公演が見られて、大満足でした!

 

2020/10/17・18 海賊[Kバレエカンパニー] 感想

Kバレエカンパニーの「海賊」を見てきました。

 

 

5月予定の公演がコロナで延期→座席数減のため再販売という紆余曲折を経て、やっと鑑賞にこぎつけました。

5月の公演のチケットを取った際も、お目当ては今季で退団という中村祥子を見たい、と思ったからだったのですが、奇しくも18日公演は中村祥子、遅沢佑介、両プリンシパルの退団ラスト公演となりました。

 

18日のチケットはそれはそれは争奪戦で…flashplayer使用のチケットサイトに翻弄されつつ、1時間粘ってやっとチケットを手に入れました…いや、取れてよかった…。

 

 

渋谷Bunkamuraには「ボーイズ・イン・ザ・バンド」鑑賞以来の訪問でしたが、相変わらず感染症対策は徹底していました。

入場時の手指消毒、足マットでの足消毒?、チケット半券は自分でちぎり、食事は禁止、休憩時間は扉解放しての換気…などなど…

座席も1席おきのまま、追加販売なしで両隣空状態でした。(収益的には心配ですが…正直なところ安心して鑑賞できました。)

 

退場もアナウンスで誘導される形で2段階での退場でした。

1階席の22列?ぐらいまでと2階席、1階席の23列?以降と3階席、といった分け方だったですかね。

帰りは普段は使用していない?と思われる出口も開放してくれていました。

 

また、(これはコロナ対策?なのか微妙ですが、)オーケストラなしで過去公演の録音音源使用の公演でした。

 

あと、コロナ対策関連も含めて、場内アナウンス、すごく長かったです。

客席での会話はお控え下さい、花束、プレゼントお断り、ダンサーへの手拍子もご遠慮くださいなどなど…

(手拍子、なんか問題あったのですかね。「感動のお気持ちは、拍手で頂戴できますと幸いです」とまでアナウンスされてて、正直何事かと思いました。)

キャスト変更もあって、アナウンスする人も大変だったのではないでしょうか…

 

 

17日ソワレ キャスト表

 

cast

※キャスト変更 ケガのため、ランケデム:髙橋裕哉→栗山廉

 

 

 

Kバレエの海賊は、熊川再振付版でストーリーや音楽にかなりアレンジが加わっていると聞いていましたが、他の「海賊」よりもストーリーの違和感が少なく、よりわかりやすく楽しめる内容だったと思います。

思っていたよりも演劇的な部分も多く、身振り手振りのおかげで筋のわかりやすさが増していたように感じました。

 

セットも衣装もとても豪華でこだわりを感じました。

市場のシーンのセットもよかったですし、特に女性の衣装はどのシーンでもカラフルで豪華だけれど派手すぎず、キラキラ~っとしていてステキでしたね。

セットは、特に印象的なのは初っ端の地図の紗幕、海賊船のセット(マストが折れる演出まで!)。

このシーン、とてもワクワクしました。

ただ、豪華なセットの転換は割と時間がかかるのか、幕中の舞台転換ではちょっとテンポが悪く感じる部分もありました。大変なんでしょうけどね…。

 

 

この公演の一番お目当ての、メドーラを演じた中村は本当に素晴らしかったです。

強靭なテクニックで1つ1つのポーズも美しく、ピタッと止まり、回転にも全然ブレがありませんでした。

踊りもクセというかアクのようなもののなく、優雅でした。

 

あと、Kバレエの女性ダンサーほとんどにも言えますが、ふくらはぎの鍛えられ方がとんでもなかった…

熊川振付は鬼ステップが多いようなので、これぐらい鍛えられてないと踊れないんでしょうかね…

 

この回、グルナーラを演じた結城はスタイル抜群で、中村と並ぶシーンは本当の姉妹のようでした。

伏し目がちな様子が薄幸感満載で、グルナーラぴったりだったと思います。

ソリストになって間もないようですが堂々とした踊りだったな、と思うのですが、1幕後半、最後までポワントで回り切れなかったりするシーンが目立ちました。

何だか不調だったのかしら?

ケガでもしてそうな感じがして、ひとまず2幕は踊っていたので安心したのですが、結局翌日キャスト変更になっていましたね。

どこか痛めたのでもなければいいのですが…。

 

グルナーラに関して、1幕のグルナーラのソロの曲がエスメラルダだったので、実はちょっとびっくりしました。ボリショイ版などだとこの曲になるようですね。

マリインスキーとかで見るバージョンだとグルナーラのソロは割と明るい曲調だったと思うのですが、このシーンにはちょっと悲しげな旋律のこの曲がぴったりだなぁ、と思いました。

 

オダリスクのパ・ド・トロワはもう美女ぞろい過ぎてまぶしかった…。

 

ランケデムの、急きょ代役となった栗山は、うーん、ちょっと上半身を伴わず腕だけ振り回している踊りのような感じがしてしまいました。

コンラッドの遅沢も、危なげのないどこか貴族っぽいような上品な踊りだったのですが、やはり上半身があまり動かないタイプだったように感じました。

 

伊坂のアリは、いぶし銀のように感じられる、古くからの忠臣的な雰囲気でした。

力強い踊りでよかったのですが、全体的にちょっと私としてはアリのキャラクターがつかめないような感じに思えました。

この熊川版ラストのアリの死は結構衝撃でした(好みではありませんでした。そこまで悲劇的にしなくてもという気が)。

熊川氏はアリには一層思い入れがあるんでしょうね。活躍のシーンも見せ場も、盛りだくさんでした。

 

海賊達の踊りはKバレエの男性ダンサーの層の厚さを感じました。

この日、昼公演でプリンシパル昇格となった堀内將平も海賊の踊りにも入っているというなんとも豪華仕様の海賊の踊り、力強くて見ごたえありました。

 

録音音源ではありましたが、思っていたよりも違和感なかったです。

過去公演のものを使っているからでしょうかね。

 

しかし、この回は、なんだかトラブルが多かったですね。

キャスト変更もありましたし、市場シーンで金袋が落ちてしまってメドーラがあわや踏んづけそうになってヒヤヒヤしたり、洞窟シーンでダンサーの帽子が落ちてしまって、男性ダンサーがすかさず拾っていたり、2幕のメドーラの被ったベールがすぐ落ちちゃったり…

ちょっとヒヤヒヤさせられました。

 

 

さて、翌日18日公演、名演だったと思います。

生で見れて本当に良かったです。

 

18日 キャスト表

 

cast

※キャスト変更 ランケデム:髙橋裕哉→石橋奬也、グルナーラ:結城亜美→小林美奈

 キャスト表に反映されていたのでびっくりしました。いつ刷ってるもんなんでしょうかね。

 

この日、私が特に良かったと思ったのがグルナーラの小林美奈でした。

小柄なので、熊川設定の中村メドーラの姉、という雰囲気には欠けましたが、ステップ、ジャンプが大きく、全身を使った踊りがすごく素晴らしかったです。

1幕の踊り、市場のシーンで円形の台で踊るシーン、腕の動きが目立つシーンですが、背中も良く動いていてとても美しかったです。

ランケデムとのパ・ド・ドゥの所、余裕で3回転はしていましたね…。

表情も豊かで可愛らしく、溌剌とした踊りでした。

いや、他の公演でも観てみたいです。

 

高橋のランケデムも力強くこのキャラクターに合っていたように思います。

この2人の踊りで、1幕から熱くなれました。

 

また、この日、アリを演じた山本の踊りや演技もとてもよかった。

昨日の伊坂よりもより少年っぽい感じというか、内に秘めた、しかしすごく熱い忠誠心が感じられるような、キャラクターがはっきりと演じられていたと思いました。

特にソロでは上半身がとても美しく良く動いて跳躍も高くて…躍動感ある生き生きとした踊りがよかったです。

 

ビルバントの宮尾と、アリ、ランケデムの3人の踊りのシーンがとてもよかったです。

ランケデムの遅沢、この日は絶好調でしたね。

ソロも気合の入った踊りで、跳躍も昨日よりも随分高かったのではないか、と感じました。

 

メドーラの中村も、心なしか昨日より溌剌とした踊りのように感じました。

出だしの跳躍も昨日より高かったような…

メドーラ・コンラッド・アリのパ・ド・トロワ、最高でした。

 

昨日の公演のようなハラハラさせるトラブルも無く、熊川版海賊を堪能できました。

間違いなく名演を見たな、と思いました。

 

 

公演終了後は、カーテンコールがやみませんでした。

昨日の公演はカーテンコール途中で帰っている人も見受けられましたが、この日は誰1人帰ることなく、公演終了のアナウンスを遮っても皆が拍手を送り続けていました。

 

その後、舞台上には熊川氏も登場!

退団する中村祥子に花束を渡し、遅沢佑介とは握手を交わしていました。

また、舞台上にはスタッフや、この日のキャストではなかったダンサー達の姿なども。

花束を受け取った中村、遅沢もですが、他のダンサーたちも泣いていて、長年カンパニーを支えてきたであろう2人の存在の大きさを感じました。

 

観客も総立ちで、延々と拍手をし続けていました。

やっと観客が退場の段になったら、多くの人がハンカチで目をぬぐう姿が…

皆さんやっぱり感動しましたよね…いや、本当に感動的でした。

退場中も幕の向こうからはダンサー・スタッフたちのものと思われる拍手も聞こえたりしていました。

 

 

この公演、2回も生で見れて本当に良かったです。

欧米の状況などを考えると、こんなことできて本当に幸せだなぁ…と思ってしまいます。

 

新型コロナウイルス時系列まとめ④【2020年10月~12月】

後々見返したら自分で面白いかな…と思って書くことにした、世界や自分に起こったこと、その時の気持ちなど超雑多で個人的な時系列まとめ。

 

当月分は一番上にしています。

国外、国内のニュースごちゃごちゃです。

 

国外のニュースは日本時間でなく現地時間の日付で記録してしまっているものが多いです。

 

随時更新。

 

個人的な状況・感想などはフォント色を薄くしています。

 

 

2020年11月

1日

・東京都で新たに116人の感染を確認。

大阪府は新たに123人の感染を確認と発表。大阪府内で100人以上の感染者が確認されたのは6日連続。これで大阪府内で感染が確認された人の累計は1万2876人。

大阪都構想住民投票。→再否決、大阪市の存続決定。(記録。)

新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、中国、韓国、台湾など11カ国・地域からの入国者の空港でのウイルス検査が不要に。渡航中止勧告が出ていた感染症危険情報が引き下げられたのに伴う措置。検査対象の緩和は感染拡大以降、初めて。検査が不要になったのはほかに、香港、マカオシンガポール、タイ、ブルネイベトナム、豪州、ニュージーランド。滞在歴のある外国人の入国拒否も解除。日本での滞在場所や連絡先などを登録する質問票の提出や、入国翌日から14日間の待機と公共交通機関を使わない移動の要請は従来と変わらない。

・イギリスで、再び厳しい外出制限開始。ジョンソン首相は日本時間の1日朝、「イングランド全土で厳しい外出制限を行う」と発表、国民に可能なかぎり家にとどまるよう求めた。外出制限の期間は、11月5日から12月2日までで、スーパーや薬局など生活必需品を扱う店以外の小売店や飲食店は営業禁止。イギリスでは、春に行われた外出制限による経済への影響が深刻で、2度目の外出制限には慎重だったが、1日の感染者が連日2万人を超える状況が続き、規制に踏み切った形。

厚生労働省、一般住民を対象に新型コロナウイルスの感染歴を調べる2回目の抗体検査を、12月にも実施する方針を固めた。6月に東京都、大阪府宮城県で実施した初回調査に続くもので、今回は3都府県を含む複数の地域で、1万人超に実施したい考え。この夏からの流行で、感染がどれだけ広がっているかを把握することを目指す。

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は1日夜、新型コロナウイルス検査で陽性が確認された人物と接触していたことが判明し、自主隔離すると明らかにする一方、無症状だと強調。

 

2日

・東京都で新たに87人の感染を確認。重症者32人。

・愛知県で新型コロナウイルスの感染者が再び急増していることを受け、大村知事は「明らかにステージは変わったのではと受け止めて、事実上、第3波がきたのではないかと受け止めています」と危機感。

・「GoToイート」について、兵庫県内で使えるプレミアム付き食事券の人気が過熱し、入手が困難なことについて、井戸兵庫県知事は定例会見で、事業を請け負う日本旅行に文書で改善を要請したと明らかに。

経済産業省新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小事業者を支援する「持続化給付金」に関し、想定を超える利用があったことから予算を3140億円増額すると発表。

・北海道で96人の新型コロナウイルスの感染確認。一日あたりの人数としては過去最多。北海道内では、特にこの1週間で急増。市中感染が広がっている状況も浮き彫りに。札幌市では4月は6件だったクラスターが、先月だけで21件、3倍以上に。

世界ボクシング協会ライトフライ級スーパーチャンピオンで3日、3回目の防衛戦を行う予定だった京口紘人選手が新型コロナウイルスに感染したことが判明。3日の世界タイトルマッチは中止に。

・首相は3日の米大統領選の当選者と会談するため、来年1月にも訪米する検討を開始。日本政府は共和党トランプ大統領民主党のバイデン前副大統領のいずれが当選しても、早期の訪問は難しいとみている。新型コロナウイルス感染拡大で郵便投票が広く導入されたことなどで結果確定の遅れが予想されるためで、日米両政府は選挙後に具体的な日程調整に入る方針。バイデン前副大統領が当選した場合、来年1月の就任まで初会談のための菅首相の訪米を見送る方向で調整、トランプ氏が再選された場合は、お祝いと菅首相の就任あいさつのため早期の訪米を模索、とも報道されていた。

・イギリス王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子が今年4月に新型コロナウイルスに感染していたことが明らかに。王室筋がBBCに語った。英王室では3月下旬にウィリアム王子の父、ウェールズチャールズ皇太子の感染が判明しており、王子は同じ頃にウイルス検査で陽性と判定されたとみられる。ウィリアム王子の感染を最初に報じた英紙ザ・サンによると、王子は国民を不安にさせないよう感染を公表しなかった。

 

3日

・東京都で新たに209人の感染を確認。

大阪府で新たに156人の感染を確認。1日の感染者が150人を超えるのは8月21日以来。

アメリカ大統領選投票開始。過去最高の1億20万人余りが期日前投票新型コロナウイルスの影響で郵便投票が急増、開票に時間がかかり、決着まで数日。→11月7日(現地時間)、バイデン氏が勝利確実に。

 

4日

・東京都で新たに122人の感染を確認。

・北海道で新たに75人の感染を確認。

国土交通省、マスクを着用していない客の乗車を拒否できると定めたタクシー事業者の運送約款を認可。4日から運用可能。新型コロナウイルス感染症対策として、東京都内の10事業者が約款の変更を申請していた。

・全国各地の小・中学校の給食に和牛が相次いで登場。新型コロナウイルスの影響で冷え込む消費を喚起しようと、農水省の学校給食提供推進事業を活用した取り組み。同省によると、活用される牛肉は最大3000トンに上る見通し。数億円規模の需要が生まれた産地や、年間生産量の1割に上る販路を確保した産地など、各地で一定の成果。

加藤勝信官房長官は記者会見で、世界的名門ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の5日からの来日公演について、オーストリアのクルツ首相から菅義偉首相へ親書が送られて強い要請があったことを明らかにし、「政府全体で総合的に検討を行った上で認めた」と述べた。新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の特例扱いとの認識を示した。

・政府の観光支援策「GoToトラベル」事業で、「地域共通クーポン」の不正取得が相次いでいる問題。中でも、大手旅行代理店JTBが運営する「るるぶトラベル」を経由した予約を通じて、不正取得が続出していることが「週刊文春」の取材で判明。

デンマーク政府は突然変異を起こした新型コロナウイルスがミンク農場で検出されヒトへの感染が確認されたため、国内のミンクをすべて殺処分する方針を明らかに。農場1080か所のミンク1500万~1700万匹の殺処分。(突然変異も恐ろしいが人間も恐ろしい…人間の身勝手の極致…)

 

5日

・東京都で新たに269人の感染を確認。 

・北海道で新たに119人の感染を確認。初の100人超。

・全国で新たに1000人を超える感染が発表。1日の感染の発表が1000人を超えるのは8月21日以来。

・東京都は新型コロナウイルスのモニタリング会議で感染リスクが高まるとされる冬を見据え、都民らに向けて暖房使用時にもこまめな換気を徹底するなどの対策を呼びかけた。新規感染者数は高い水準のまま推移しているとして、感染状況に関する警戒度を上から2番目の「感染の再拡大に警戒が必要であると思われる」で維持した。(職場が窓開けっぱなしで既に猛烈に寒いので窓開けるのが億劫なのは非常にわかる…)

全国知事会は、定例の全国知事会議をオンラインで開き、新型コロナウイルス対策に関する国への緊急提言をまとめた。自治体のコロナ対策に充てる総額3兆円の臨時交付金の増額を求めたほか、事業者に対する休業要請に実効性を持たせるため新型コロナ特別措置法の改正や、水際対策の強化も盛り込んだ。また、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、年末年始の帰省や旅行の分散などを呼びかけるメッセージを採択。新型コロナ対策では自治体向けの地方創生臨時交付金や需要喚起策「Go Toキャンペーン」事業の2021年度の継続を国に求めた。

東京五輪パラリンピック新型コロナウイルス対策の検討が進むなか、体操の国際大会が8日に東京・国立代々木競技場で行われる。感染拡大後、五輪競技では初めて海外選手が来日する大会で、コロナとの共存を前提とした東京五輪の運営の試金石となる。

・米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、米国では5日、直近24時間の新型コロナウイルスの新規感染者数が12万人を超え、前日に記録したばかりの過去最多を更新。

 

6日

・東京都で新たに242人の感染を確認。 

大阪府で新たに169人の感染を確認。

・神奈川県で新たに109人の感染を確認。50日ぶり100人超。

・感染者が6日も1,000人超に。6日は東京都で242人、埼玉では過去最多となる114人の感染が確認され、午後6時半現在、全国の感染者は1,110人に。

新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受けて、北海道の鈴木知事は、記者会見で7日にも道が独自に定める「警戒ステージ」を「3」に引き上げることを決定する考えを明らかに。札幌市の繁華街・ススキノで酒を提供する飲食店などを対象に営業時間などの短縮を要請する方針。

・日中両政府が、新型コロナウイルス対策のため制限しているビジネス関係者らの往来を、今月中旬にも再開する方向で大筋合意したことが判明。出張などの短期滞在者と、駐在員ら長期滞在者の両方が対象。日本政府関係者が明らかに。

・京都大付属病院(京都市左京区)は京都市内で勤務する医療従事者や学校職員らを対象とした、新型コロナウイルスの抗体検査の中間結果を発表。検査を実施した計1737人のうち陽性は8人で、陽性率は0.46%。京都市内の人口(10月末現在)を基にした新型コロナの感染率(0.09%)と比べると約5.1倍。ただ、検査には「偽陽性」の可能性も残るため、同病院は「現時点で評価は困難だ」としている。(リスク5倍とは…)

新型コロナウイルス感染者と一緒にいた人が、PCR検査を受ける必要のある「濃厚接触者」に当たるか否か、保健所の判断揺れとの報道(沖縄)。「長時間の接触」「総合的に判断」など国の基準に解釈の余地が大きく。沖縄で濃厚接触と判断しても、他県から『うちではそう判断しない』と言われたことも。沖縄に限らず、新型コロナ対策をしている全員が戸惑っていると思う」と吐露。

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援する国の「GoToイート」事業を巡って、京都府の事務局は12月に予定しているプレミアム付き食事券の第3期受け付けについて、公平性の観点から抽選制に切り替えると発表。また、ファミリーマートの用紙不足で一時休止していた発券手続きについても、11月16日午後2時から再開すると明らかに。

・ 欧州で新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない中、6日にはポルトガル議会が新たな非常事態宣言を承認。ノルウェーは首都オスロの劇場や水泳プールなどの閉鎖を決定。ロックダウン(都市封鎖)などの厳格な抑制措置を避けているスウェーデンでも感染が急拡大。ポルトガルは感染拡大初期の3月に6週間の非常事態を宣言。感染再拡大を受け、政府は先週、外出制限などの措置を打ち出した。議会がこの日に承認した新たな非常事態宣言は来週9日に発効し、不要不急の外出禁止の義務付けなどが可能になる。ポルトガルの6日の新規感染者数は5550人と、過去最悪を記録。スウェーデンでもこの日の新規感染者数が4697人と、過去最悪。ノルウェーは9日から首都オスロの劇場、映画館、トレーニングセンター、水泳プールなどを閉鎖。バーやレストランでのアルコール飲料の提供も禁止。新規感染が減少に転じれば、措置は3週間で解除される。

 

7日

・東京都で新たに294人の感染を確認。8月20日以来最多。

大阪府で新たに191人の感染を確認。1日に発表される感染者が190人を上回るのは、8月14日以来、約3カ月ぶり。

新型コロナウイルスの感染者は7日、全国で新たに1332人が確認され、3日連続で1日当たりの新規感染者が1000人超に。新規感染者が1300人を超えるのは8月14日以来。クルーズ船の乗客乗員らを合わせた感染者は計10万8163人、死者は4人増えて1829人。

・北海道で、連日、100人以上の感染者が発表されるなど、新型コロナウイルスの感染が続く中、道は、7日午後、5段階の警戒ステージを「2」から「3」へ引き上げることを正式に決定。

アメリカ、トランプ大統領の側近、メドウズ首席補佐官が新型コロナウイルスに感染。

・米国の疫学専門家は7日までに、同国内の新型コロナウイルスの感染状況に触れ、現在の加速ぶりが続くのなら来月にも感染事例が倍増する可能性があると警告。

 

8日

・東京都で新たに189人の感染を確認。

・北海道で新たに153人の感染を確認。

・コロナ禍の影響で、公立小中高校のおよそ15%が今年度の修学旅行の中止を決めたことが判明。朝日新聞が各地の教育委員会に聞いた。一方、およそ66%の学校が実施を決定。このうち8割超は、行き先を県内や近隣県にしたり、移動手段を公共交通機関から貸し切りバスに変えたり、宿泊日数を減らしたりするなど、例年と異なる対応をしていた。全体の約19%は「検討中」など。

新型コロナウイルスの感染が再び拡大しつつあることを受けて、西村経済再生担当大臣は大規模なイベントで入場者の上限を収容人数の5割までなどとしている制限について緩和は難しいという認識を示した。政府は緩和に向けて、プロ野球の試合で上限を8割程度まで引き上げる実証実験を行っていた。

新型コロナウイルス禍に五輪競技で初めて日本に海外の選手を招いた体操の国際大会「友情と絆の大会」が、東京・国立代々木競技場で行われた。日本のほか、米国、ロシア、中国の計30選手が参加し、2チームに分かれた男女混合の団体戦を実施。選手には期間中に毎日のPCR検査を義務付けるなどの感染対策を徹底し、大会運営で五輪の試金石として注目が集まった。

 

9日

・東京都で新たに157人の感染を確認。

・北海道で新たに153人の感染を確認。

・加藤官房長官は、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の提言に基づき、道内の感染状況が政府の分類「ステージ3(急増)」相当と判断された場合、観光支援事業「GoToトラベル」対象からの除外を検討する考えを明らかに。感染拡大が続く道内は、政府の6指標のうち少なくとも3指標で「ステージ3」の基準を上回る。

・政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長(地域医療機能推進機構理事長)が緊急記者会見を開き、「現下の感染状況は一言で言えば徐々に感染が全国的に見ても増加しているのは間違いない」と述べた。緊急提言として、「社会経済活動と感染対策を両立できるよう国民、自治体、国に求められる5つのアクションをまとめた」と、5つのアクションを説明。

新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合に優先的に接種する対象者について、厚生労働省の部会はまずは高齢者、続いて持病のある人とすることを決定。

厚生労働省新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めが、6日時点で見込みも含めて7万242人になったと明らかに。6万人を超えた9月23日時点から約1カ月半で1万人増えているが、増加の勢いはやや鈍化。

・米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスの世界の累計感染者が日本時間9日、5000万人を超えた。

・米製薬大手ファイザーは、独バイオ企業ビオンテックと共同で開発中の新型コロナウイルスワクチンに、予想を大きく上回る90%超の予防効果が認められたと発表。同社によると、臨床試験(治験)の参加者4万3000人あまりに対し、開発中のワクチンまたは偽薬を2回にわたって接種。初期結果によると、これまでに新型ウイルス感染が確認された94人のうち、偽薬を投与したグループが90%以上を占め、ワクチン投与のグループは10%未満にとどまったという。この効果は2回の接種が完了してから7日後、接種開始から28日後の時点で確認。同社は米食品医薬品局(FDA)の規定に基づき、2回目の投与から2カ月の観察期間を置いたうえで、来週にも緊急使用許可を申請する。日本政府は同社からこのワクチンを6000万人文供給を受けることで基本合意している。

新型コロナウイルス「第2波」流行が広がるフランスで、中国系住民への攻撃を促すインターネットの書き込みが相次ぎ、検察が捜査を開始。今月始めには国会議員100人が、「コロナ禍でアジア系への人種差別が広がっている」と連名書簡で警告し、波紋。中国系を標的とした書き込みは10月28日、マクロン仏大統領が外出禁止令を宣言したのと前後して見つかった。「路上で会った中国人をすべて攻撃せよ」「漫画はやめる。これからはアジア人狩りだ」など。

・週明け9日の米ニューヨーク株式市場は、新型コロナウイルスのワクチン開発進展をめぐる米製薬大手ファイザーの発表を受け、主要企業でつくるダウ工業株平均が急騰して始まった。前週末終値(2万8323・40ドル)からの上げ幅は一時1600ドルを超え、2月につけた過去最高値を9カ月ぶりに上回った。

 

10日

・東京都で新たに293人の感染を確認。

・北海道で新たに166人の感染を確認。

大阪府で新たに226人の感染を確認。1日の感染者数としては過去2番目に多く、吉村知事は「第3波に入っている」との認識を示した。

・10月の自殺者数が2153人(速報値)となり、昨年同月比で39.9%増(614人増)だったことが警察庁の集計で判明。前年より増えるのは4カ月連続で、厚生労働省新型コロナウイルス感染拡大の影響など要因を分析する。

・加藤官房長官は記者会見で、観光支援事業「GoToトラベル」キャンペーンを利用した人のうち、新型コロナウイルス感染が確認されたのは9日時点で131人だったことを明らかに。7月22日の事業開始から10月15日までの利用者は少なくとも延べ3138万人。

名古屋市新型コロナウイルス感染者について7月下旬から8月下旬までに58人の公表漏れがあったと発表した。重複して発表していた感染者も4人おり、名古屋市の新規感染者数は計54人増。7月中旬以降、感染者が急激に増加し、各保健センター(保健所)から市感染症対策室へのファクスなどによる発生届が届いていなかったことなどが原因、と。

・赤羽国土交通相は記者会見で、新型コロナウイルスの感染が拡大している北海道について、政府の観光支援事業「GoToトラベル」の対象から「現段階で直ちに外す状況にはない」と述べた。西村康稔経済再生担当相も9日、同様の考えを示している。赤羽氏は直ちに除外する基準には至っていないとの認識を示し「感染状況の推移を注視している」と述べた。(???????????????)

・紳士服最大手の青山商事は400人程度の希望退職者を募集すると発表。同社が希望退職を募るのは初。単体正社員の約1割に相当。同日、2021年3月期の連結決算が創業以来最大の最終赤字となる見通しを発表。新型コロナウイルスの影響でスーツ販売が苦戦しており、22年3月期までに約80店を閉店することも明らかに。

・政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は北海道をはじめ各地で感染が拡大していることを受け、クラスター(感染集団)対策を強化する方針を決めた。冬に向けて寒くなる中でも店舗や職場で換気を着実に行うよう呼びかけるなど、急速な感染拡大に警戒感を強めている。

技能実習生として来日したベトナム国籍の女性を雇い、男性客に性的なサービスをさせたとして、警視庁は10日までに、東京都荒川区の派遣型風俗店「美・ワンダフル」を出入国管理法違反(不法就労助長)容疑で摘発し、経営者の男女2人を同容疑で逮捕。技能実習や留学目的で来日し、コロナ禍で職を失って生活苦になったり、希望しても帰国できなかったりした女性ら約30人を雇用し、4月以降だけで約1億円を売り上げたという。

山形市、市内の小学生の男児が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表。男児は6日まで小学校に登校していたが、市は感染対策が徹底されていたため学校関係者に濃厚接触者はいないとしている。市によると、男児の通う小学校は9日から休校しているが、学校に「どのクラスか教えろ」「隠しているのか」といった詮索や中傷の電話が複数あったという。市の担当者は「関係者への差別や誹謗中傷は絶対に控えてほしい」と呼びかけ。

・米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬ベンチャーのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンは、臨床試験(治験)で高い有効性を示したことが9日に発表され、供給網構築の取り組みが加速しているが、保管に超低温の温度管理が可能な設備が必要なため、供給網がすぐに地方の薬局にまで広がることはなさそう、と。

 

11日

・東京都で新たに317人の感染を確認。

大阪府で新たに256人の感染を確認。過去最多。

・埼玉県で新たに116人の感染を確認。過去最多。

兵庫県で新たに70人の感染を確認。過去最多。県独自の警戒レベル(5段階)で最も深刻な「拡大期2」(1日平均40人)に約3カ月ぶりに入った。ただ現時点での飲食店などへの休業要請については、井戸知事は「検討すべき状況にない」と否定。

・国内で新たに1547人の新型コロナウイルス感染が確認。1500人を上回ったのは8月8日以来で、過去最多の1605人に迫る水準。

・各地で、新型コロナウイルスの感染者が増加していることを受けて、日本医師会の中川会長が「第3波と考えていいのではないか」との見解を示した。

近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKKNT-CTホールディングスは希望退職などでグループ従業員約7000人の3分の1を2025年3月までに削減すると発表。個人旅行を扱う全国138の店舗も3分の2を22年3月までに閉鎖。新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅行需要の激減で業績が悪化しているため。希望退職のほか、新卒採用の抑制や出向で人員を圧縮する。希望退職は原則35歳以上が対象で、募集人数は設定していない。

・政府は、プロ野球など大規模イベントの参加人数を収容人数の50%までとする制限措置について、来年2月末まで継続する方針を固めた。北海道などで新型コロナウイルスの感染が拡大しているためで、当初目指していた12月以降の緩和を先送りする。

Kis-My-Ft2の千賀健永氏、新型コロナウイルスに感染したと、所属するジャニーズ事務所が公式サイトで発表。

デンマークで毛皮用に飼育されているミンクから新型コロナウイルスの変異種が見つかった問題で、デンマーク政府は国内で飼育されている全ミンクの殺処分を義務付けるとした命令を撤回。感染していない農場にまでミンクの殺処分を命じる法的権限はないと判明したことを受けた措置で、改めて殺処分を義務付けるための新しい法案を議会に提出。法案が通過するまでには通常で30日を要する。政府が繁殖農家に宛てた10日の電子メールでは、全ミンクの殺処分を「勧告」するにとどめた。

・イギリスで11日、新型コロナウイルスによる死者が欧州で初めて5万人超に。死者数が5万人を超えたのは、アメリカ、ブラジル、インド、メキシコに次いで5カ国目。過去24時間で新たに595人が死亡したと発表。ウイルス検査で陽性が判明してから28日以内に亡くなった人は合わせて5万365人に。

 

12日

・東京都で新たに393人の感染を確認。

・北海道で新たに236人の感染を確認。

・神奈川県で新たに147人の感染を確認。過去最多。

・国内で新たに新たに1630人(午後7時半現在)が確認され、8月7日の1605人を上回り、過去最多を更新。

・政府は首相官邸東京五輪パラリンピック感染症対策を話し合う政府、東京都、大会組織委員会による調整会議を開催。観客の感染症対策案を示し、外国人観客については入国後の2週間待機を免除し、公共交通機関の使用を認める方向で検討していることを明らかに。対策案は「観客の安全」と「地域の安全」の両立を図ると強調。そのうえで「2週間隔離、公共交通機関不使用は観戦を事実上困難とするものだ」と指摘し、待機を免除して公共交通機関の使用を認める代わりに、厳しい防疫措置を検討していく考えを示した。具体的な検討項目としては、入国までの安全性を確認する十分なスクリーニングの仕組み、入国後に適切な行動管理・健康管理を求める仕組み、感染やその恐れがあるケースを迅速に把握し、適切な医療対応が行える体制、を挙げた。(国民を全滅させる気にしか思えないわ。)

・政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は、12月1日以降の、プロスポーツなどの大規模イベントの人数制限方針について、緩和を来年2月末まで見合わせることを了承。

群馬県の山本知事は県民に東京都や埼玉県など8都道府県への不要不急の移動自粛を要請。対象地域は人口あたりの新型コロナウイルス感染者数を基準に選んだ。これまでは都と沖縄県のみ移動自粛を要請していた。

・東京都内の新型コロナウイルスの感染状況について、都はモニタリング会議を開き、警戒レベルは4段階で上から2番目に深刻なレベル3の評価を10週連続で維持した。ただ、感染者数が急増する中、評価の表現を「感染の再拡大に警戒が必要」から「感染が拡大しつつある」に変更。「急速な感染拡大の始まりと捉え、今後の深刻な状況を厳重に警戒する必要がある」と注意を呼びかけた。

・全国の私鉄大手14社の2020年9月中間連結決算が12日出そろい、全社が大幅な減収を記録し赤字に転落。新型コロナウイルスの感染拡大は鉄道事業以外のホテル、レジャー事業にも深刻な打撃を与えており、21年3月期の連結業績も全社が純損益の赤字を見込んだ。

ファミリーレストラン最大手のすかいらーくホールディングスは、新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいる業績の立て直しに向け、不採算店舗など約200店を来年末までに閉店することを正式に発表。また、60店余りを業態転換し、収益力の強化を図ると。

 

13日

・東京都で新たに374人の感染を確認。

・北海道で新たに235人の感染を確認。

大阪府で新たに263人の感染を確認。過去最多。

・国内で新たに新たに1704人が確認され、2日連続の過去最多。

新型コロナウイルス感染症の全国での新規感染者数が12日に過去最多を更新したことを受けて、菅首相は官邸で取材に応じ、「最大限の警戒感を持って、自治体の感染状況に応じた対策を実施する」と強調。また現時点でGoToキャンペーンの見直しや緊急事態宣言を行う状況ではないとの認識を示した。

新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多となる236人が確認された北海道内で12日、離島初のクラスター(感染者集団)が北部の利尻島で判明。医療体制が不十分な島では感染拡大への不安が広まり、島民からは政府の旅行需要喚起策「GoToトラベル」への批判の声も聞かれた。

・赤羽国交大臣は会見で、来年1月末までとしている「GoToトラベル」の期間を2月以降、さらに延長する考えを明らかに。「地方の経済の状況を見ますと、(GoToを)延長したいというふうに思っています」 冬にかけて感染の拡大が懸念されることについては、「国民はそうしたことを賢明に判断しながら利用していると思う」(感染拡大しているこのタイミングで…)

・政府の飲食店支援策「GoToイート」キャンペーンについて、農林水産省はネット予約を通じた飲食でもらえるポイントの予算が近く底をつき、事業を終える見通しになったと発表。当初は1月下旬の終了を見込んでいたが、利用者の急増で大幅な前倒し。もらったポイントは来年3月末まで対象の飲食店で使えるほか、食事券によるキャンペーンは継続するという。

・政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、内閣官房感染症対策を取りまとめる「感染症対策官」ポストを新設する方向で調整入り。

・現在世界で流行中の新型コロナウイルスは、初期のウイルスに比べ、変異によって感染力が強くなったことをハムスターの実験で確かめたと、河岡義裕・東京大医科学研究所教授らのチームが、13日付の米科学誌サイエンス電子版に発表。

ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、アメリカ全体の一日あたりの新たな感染者は、13日に初めて18万人超に。11日連続で10万人を上回る。カリフォルニア州などは州の外から来た観光客らに自主隔離を呼びかける渡航勧告を出した。

・イタリア政府は新型コロナウイルスの感染者が前日から4万902人増え累計110万人を超えたと発表。1日の新規感染者が4万人を超えたのは初めてで過去最多。政府は外出原則禁止地域に中部フィレンツェや南部ナポリなどを加えた。

 

14日

・東京都で新たに352人の感染を確認。重症患者は緊急事態宣言の解除後で最多。

・北海道で新たに230人の感染を確認。

大阪府で新たに285人の感染を確認。過去最多を更新。

・国内の新型コロナウイルスの感染者は、読売新聞の午後7時時点の集計で、新たに1731人確認。3日連続の過去最多更新で、大阪府(285人)、千葉県(88人)、茨城県(40人)、静岡県(36人)がいずれも最多。

新型コロナウイルスの入院患者向けの病床使用率が39都道府県で1週間前より上がっていることが厚生労働省の集計で分かった。重症患者の使用率も13都道府県で上昇。

・来年に延期されていたフィギュアスケートの今季グランプリファイナル北京大会が、中止に。新型コロナウイルスの世界的な再流行を受け、国際オリンピック委員会(IOC)国際パラリンピック委員会(IPC)と各国際競技団体(IF)が22年北京オリンピック組織委員会と協議。大会プレシーズンの20~21年にかけて中国で実施予定だったテストイベントの全面的な中止を決め、発表。

・韓国代表の選手4人およびスタッフ1人から新型コロナウイルス感染症の陽性反応が検出され、オーストリアで予定されている国際親善試合の開催が不確定な状況に。韓国『朝鮮日報』など複数メディアが報道。

 

15日

・東京都で新たに255人の感染を確認。

大阪府で新たに266人の感染を確認。2番目の多さ。陽性率14.6%

新型コロナウイルスの感染者、全国で新たに1445人が確認。5日ぶりに1500人を下回ったものの、1200人を超えるのは6日連続と高い水準。クルーズ船の乗客乗員らを合わせた感染者は計11万9306人、死者は7人増えて1908人。

大阪府の吉村知事、大阪市内で西村康稔経済再生担当相と会談し、新型コロナウイルス対策について意見交換。府内の新規感染者は今月に入り急増しており、吉村知事は政府が実施する飲食業界の支援策「GoToイート」について、大阪での運用は「5人以上の会食」を対象から除外するよう要請。

共同通信社が14、15両日に実施した全国電世論調査によると、コロナ感染者が過去最多を記録した現状への不安を尋ねたところ「不安を感じている」は「ある程度」を含め84.0%。来年1月末までを実施期間としている観光支援事業「GoToトラベル」を延長する政府方針に対しては、反対が50.0%、賛成は43.4%。

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大し、人工心肺装置=ECMOなどの医療資源が不足する、最悪の事態に備え、日本集中治療医学会はより効果が期待される患者に優先的に振り分けるため、回復の見込みがない患者などの治療を中止する、あるいは差し控える場合の注意点を示した提言をまとめた。

・来夏に開催される東京五輪の準備状況を確認するため、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が来日。専用機で羽田空港に到着。16日に菅義偉首相や東京都の小池百合子知事と会談が予定されている。バッハ氏の来日は、今年3月の大会延期決定以来、初めて。

・ロシアで新型コロナウイルス感染の第2波が猛威を振るい、1日当たりの新規感染者、死者の数が連日過去最高を更新している。ロシアが世界で最初に国家承認したワクチンの大量生産も遅れ、感染拡大に歯止めがかからない。プーチン政権は経済への打撃を懸念し、今春実施した外出禁止や商業施設閉鎖などの厳しい規制は回避。ロシア全土の15日の新規感染者数は2万2572人、死者数は352人。累計感染者数は192万5825人と世界で5番目に多い。累計死者数は3万3186人。モスクワでは連日6千人前後の新規感染者と70人前後の死者を出し、国内最悪の状況。

 

16日

・東京都で新たに180人の感染を確認。

・北海道で新たに189人の感染を確認。

奈良県は県内で検査を受けた同県以外の関西2府3県の在住者で、新型コロナウイルスに感染したのに、どの府県も新規感染者として発表していない人が11人いたと明らかに。他府県と感染者数の数え方に違いがあるためで、11人の内訳は大阪府が9人、京都府兵庫県の在住者が各1人。

大阪府は新たに73人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表。大阪府内でこれまでに感染が確認された人は、合計1万5494人に。府独自システムで集計していた新型コロナウイルス感染症の感染者情報について、政府の情報把握システム「HER―SYS」(ハーシス)での管理に移行。毎日夜に公表される1日あたりの新規感染者数に再陽性者を含めるなど、集計方法が移行に伴って変更される。府によると、新規感染者数は従来、新型コロナに初めて感染した人を「新規」とし、再陽性者を省いてきた。しかし、今後は再陽性者も含めて集計する運用になる。集計の対象時間も変わる。従来は公表日の午後4時までの24時間分を計上していたが、ハーシスでは午前0時までの24時間分に切り替わる。この変更に伴い、16日は午前0時までの8時間分のみの集計だったため、新規感染者数は73人にとどまった。

朝日新聞社は14、15の両日、全国世論調査(電話)を実施。政府が検討している観光支援策「GoToトラベル」の期間延長に「賛成」は37%にとどまり、「反対」が51%。年代別にみると、30代以下は賛成が反対を上回ったが、60代は63%が反対し、賛成は24%。

・来夏に延期された東京五輪パラリンピックでの新型コロナウイルス対策を巡り、来日中の国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、ワクチンが開発された場合、海外の選手らが母国で予防接種を受けられるよう最大限努力する考えを表明。接種費用はIOCが負担する意向を示した。

菅首相は官邸で開催された政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で、感染防止のため自治体が飲食店などに営業時間の短縮を要請する場合、国が財政支援する方針を表明した。1カ月当たり20万~30万円の給付を想定し、地方創生臨時交付金から500億円の枠を活用。飲食業界の支援策「GoToイート」に関し、一定人数以上での飲食を対象外とするよう各都道府県知事に検討を要請する考えも示した。イート事業に関し、農林水産省は子どもを除く4人以下の単位で飲食するなどの対策を取るよう、全都道府県に要請すると明らかにした。

・加藤官房長官、記者会見で政府の飲食店支援策「GoToイート」で、ネット予約で利用者に付与されたポイントの約9割が未使用であることを明らかに。ポイント利用が今後進むことで「飲食需要喚起の効果が引き続き継続していく」との認識も示した。

・米バイオテクノロジー企業モデルナは、第3相試験中の新型コロナウイルス感染症(Covid-19)ワクチンについて、発症を防ぐ有効性が94.5%になったとの暫定結果を発表。

世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスの流行が始まって以降、スイス・ジュネーブのWHO本部で65人の感染者が出たと、オンラインでの記者会見で明らかに。先週には5人の感染が判明し、本部内でクラスター(感染集団)が発生した可能性についても調査。

 

17日

・東京都で新たに298人の感染を確認。重症者は緊急事態宣言解除後で最多。

・北海道で新たに197人の感染を確認。うち札幌市150人。

兵庫県で新たに107人の感染を確認。1日に確認された感染者数としては過去最多で、100人を超えるのは初めて。

・北海道は新型コロナウイルス感染拡大を受け、独自の警戒度を札幌市限定で「4」に事実上引き上げ、密閉空間での会合など感染リスクを避けられない場合、不要不急の外出や、道内の他地域との往来を自粛するよう要請すると決めた。

Google新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予測(日本版)を公開。感染症数理モデルとAIを組み合わせることで、対象期間である将来28日間に予測される死亡者数、感染確認者数、入院・療養等患者数などを都道府県別に表示。全国の予測値は都道府県の予測値を足し合わせている。情報はダッシュボードで閲覧できるほか、Google Cloudのデータ分析用ツールBigQueryや、CSVファイルとして利用可能。利用の際はユーザーガイドを必ず参照するよう呼びかけており、予測データをダウンロードまたは使用するには、Google利用規約に同意する必要がある。日本版モデルの開発にあたっては、使用データの包括性、予測結果と国内感染状況との整合性、さらに、モデルの設計および予測データの検証において慶應義塾大学 医療政策・管理学教室 教授 宮田裕章氏および研究室が監修。

datastudio.google.com

京都府内で新型コロナウイルス感染者が新たに過去最多の49人確認され、府が定める3段階の独自基準で最も警戒を要する「特別警戒基準」に達した。引き上げは8月28日以来、約2カ月半ぶり。府は再び感染の拡大期に入ったとみており、19日に新型コロナ対策本部会議を開いて感染防止に向けた対策を検討。

・来春卒業予定で就職を希望する大学生の10月1日時点の内定率は前年同期比7.0ポイント減の69.8%だったことが文部科学、厚生労働両省の調査で判明。平成8年の調査開始以降、リーマン・ショック後の21年の7.4ポイント減に次ぐ下落幅。この時期としては5年ぶりに70%を下回り、新型コロナウイルスの影響が鮮明に。短大や専修学校も大幅に減った。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症患者と接触した可能性を通知するスマートフォンアプリ「COCOA」(iOSAndroid、無料)のダウンロード数が2001万件に達したと発表。

・事業継続を断念した格安航空会社「エアアジア・ジャパン」が、東京地裁に破産手続き開始の申し立てを行ったと発表。コロナ禍の影響で国内の航空会社が破産手続きに入るのは初めて。

衆院立憲民主党小川淳也衆院議員(比例四国)が新型コロナウイルスに感染したと発表。国会議員では高鳥修一衆院議員(自民)、桜井充参院議員(無所属)に続き3人目。

ANAホールディングスは2022年度のグループ新卒採用を大幅に圧縮すると発表。人数は公表していないが、従来の3000人程度を200人程度に減らす。新型コロナウイルス流行の長期化で国際線を中心に旅客需要が落ち込む中、採用を絞ることで固定費を削減し、経営の立て直しを急ぐ。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪府の吉村知事、政府が実施する飲食業界の支援事業「GoToイート」について、府内での5人以上の飲食を対象から除外する方針を明らかに。3連休が始まる21日から適用する方向で農林水産省と協議し、20日にも開催する対策本部会議で正式決定。除外期間は今後検討。

・フランスで確認された新型コロナウイルス感染者数が17日に欧州で初めて累計200万人を突破したことが判明。ただ、10月30日に導入した全国的なロックダウン(都市封鎖)措置により、新規感染者数は大幅に減少。ロイターの集計によると、フランスの感染者数は累計203万6755人。200万人を突破したのは、米国、インド、ブラジルに続き世界4番目。死者は累計4万5000人を超えており、世界で7番目の多さ。

米食品医薬品局(FDA)は30分以内に結果が分かる新型コロナウイルスの家庭用検査キットを初めて承認したと発表。この検査キットは使い捨てタイプで、鼻から綿棒を差し込んで粘膜のサンプルを採取する。医療機関から感染が疑われるとの診断を受けた14歳以上を対象に緊急使用許可を出した。

 

18日

・東京都で新たに493人の感染を確認。過去最多。

・北海道で新たに233人の感染を確認。札幌市での感染確認は10日連続で100人以上。

・国内で新たに2000人を超える感染者が確認され、過去最多を更新。

・東京都は新型コロナウイルスの感染者増加を受けて、都独自の感染状況の警戒レベルを4段階のうち最も深刻な「感染が拡大している」に引き上げる方向で最終調整していることが判明。

日本医師会(日医)の中川俊男会長は記者会見で、新型コロナウイルス感染者数の急増を受け、感染拡大地域との往来を自粛するよう国民に要請。今週末を「秋の我慢の3連休としてほしい。コロナを甘くみないでください」と述べ、不要不急の外出を控えるよう呼び掛け。中川氏は「コロナに慣れないでください」とも強調。「移動を自粛してもらうことが重要だ。一人一人の行動の積み重ねにより、全国でのまん延を防ぐことができる」と指摘。地域の具体名は挙げなかった。「GoToトラベル」と感染拡大との関係について「きっかけになったことは間違いない」と言及。

・加藤官房長官は記者会見で、旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業に参加登録した宿泊施設の従業員のうち、17日までに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは144人だったと明らかに。

・加藤官房長官は記者会見で新型コロナウイルスの感染再拡大を受け「県をまたぐ移動の自粛を一律に要請する状況ではない」と述べた。「適切な感染対策を講じることで、移動による感染リスクを低下させることは可能と考えている」とも指摘。

東京五輪パラリンピック新型コロナウイルス対策で、大会組織委員会が大会前や大会中のPCR検査で2度、陽性となった選手は、無症状や感染者との濃厚接触がない場合でも感染者と判定し、隔離措置とする案をまとめた。国際オリンピック委員会国際パラリンピック委員会との合同事務折衝で提示したことが17日、判明。今後、関係機関と慎重に協議。

新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に進めるため、厚生労働省は18日までに、医療機関が必要としている量などの情報を自治体や卸業者と共有して流通を管理する情報通信システムの整備に着手。併せて、各自治体が持つ予防接種の記録を保存するシステムの改修も進める。

・アザー米厚生長官は製薬大手ファイザー<PFE.N>とバイオ医薬大手モデルナ<MRNA.O>の新型コロナウイルスワクチンが認可され、数週間以内に配布される準備が整っていると述べた。早ければ年内にワクチン接種が開始される可能性も。

 

19日

・東京都で新たに534人の感染を確認。過去最多。1日の感染者が500人を超えるのは初。

・愛知県で新たに219人の感染を確認。過去最多。

兵庫県で新たに132人の感染を確認。過去最多。

大阪府で新たに338人の感染を確認。過去最多。1日の感染者が300人を超えるのは初。

・全国で2386人の感染確認。過去最多。8都道府県で1日あたりの感染者数が最多を更新。

・東京都は専門家を交えた分析会議を開き、感染者や感染経路が分からない人の数などが大幅に増加し、「急速な感染拡大の局面を迎えた」として、警戒レベルを4段階のうち最も高い「感染が拡大している」に引き上げ。

菅首相は記者団に対し、「最大限の警戒状況にある」と強調。GoTo事業の休止、人の往来や外出自粛への言及はなく、国民に対し「皆さん、『静かなマスク会食』をぜひお願いしたい」と呼び掛けるだけにとどめた。

・西村大臣、会見で今後の感染者数の動向について「本当に神のみぞ知る。予測をすることは極めて難しい」などと述べた。

新型コロナウイルス感染症のワクチンを国が費用を負担して接種を速やかに進める体制を整えるための予防接種法改正案が衆院本会議で全会一致で可決、衆院を通過。参院での審議を経て、今国会で成立する見通し。接種後に健康被害が出た場合の救済措置を整え、製薬企業が払う損害賠償金を政府が肩代わりする契約を結べるようにする。新型コロナの感染が確認された入国者に対する隔離や停留といった措置の期限を延長し、来年2月以降も実施できるようにする検疫法改正案も可決。新型コロナのワクチンは国内外で開発されており、先行する欧米企業の一部では臨床試験の結果が明らかになっている。国内で実用化された際には予防接種法の「臨時接種」として接種を行う。この仕組みでは接種の主体は市町村になるが、かかる費用は国が全て負担する。

・加藤官房長官は会見で、新型コロナウイルス向けのワクチン接種については、国民各自の判断で行うことになるとの見解を示した。接種は義務なのかという質問に対し、ワクチンの副作用などが明らかになっていない状況も踏まえ、この努力義務を適用しないことも可能であるという条項も入っていると説明。ワクチンの接種に際しては、国民に対してリスクなどの情報を明らかにするとし、接種の是非は「自ら選択することになる」と語った。

日本医師会中川俊男会長は自民党本部での会合で、政府の旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業について「国が推進することで国民が完全に緩んでいる」との認識を示した。同日朝に開かれた自民党の「新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長・下村博文政調会長)の会合で言及した。中川氏は18日の記者会見でも、GoToトラベルが新型コロナの感染拡大の「きっかけになった」と述べていた。 

・政府は新型コロナウイルス感染拡大を受けた雇用調整助成金の特例措置について、年明け以降も1日当たりの上限額や助成率の水準を維持する方針を固めた。当初は来年1月からの段階的な縮小を予定していたが、11月に入って国内の1日当たりの感染者が過去最多を更新。雇用情勢も回復の兆しが見通せないため、特例縮小を先送りすることに。

・「住みたい都道府県ランキング2020」の1位は、前年2位の神奈川県。2位は昨年1位の東京都。居住意欲度の点数は前年の26.3点から20.5点となり、47都道府県で最も点数が低下。新型コロナウイルスの影響で、住む場所に対する考え方に変化。

東京五輪の混雑回避や警備の円滑化のため、来年に限り「山の日」を8月11日から8日に移動させる五輪特別措置法改正案は、19日の衆院本会議で与党などの賛成多数により可決。参院に送付され、今国会で成立する見通し。

 

20日

・東京都で新たに522人の感染を確認。

・北海道で新たに304人の感染を確認。

大阪府で新たに370人の感染を確認。過去最多。

・全国で2429人の感染確認。過去最多。

菅首相参院本会議で、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた業界を支援する「GoToキャンペーン」の見直しについて、「感染対策と経済の回復の両立が基本的な考え方だ。今後も適切に運用する」と述べた。

・赤羽国土交通相は記者会見で、観光支援事業「GoToトラベル」の対象から新型コロナウイルス感染症の拡大地域を除外するかどうかについて「(都道府県知事から)現時点でそうした声はない」と述べ、これまで通り事業を継続する方針を改めて強調。

加藤勝信官房長官は記者会見で、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けた緊急事態宣言発出の可能性について、「現時点で宣言を発出するような状況ではないと判断しているし、専門家も同様の認識と承知をしている」と否定。

・政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は一部の都道府県が感染急増段階の「ステージ3」に入りつつあるとし、これらの地域で「GoToトラベル」の運用見直しを求める提言をまとめた。西村康稔経済再生相は分科会後の会見で「早急に対応を検討したい」と述べ、政府が21日に開く対策本部で対応を協議。提言では、個人の努力に頼るだけでなく、「より強い対応」を期待したいと言及。3週間程度の期間限定で、感染拡大している自治体には、酒類を提供する飲食店に夜間の営業時間の短縮などを要請してもらい、これらの自治体への財政支援を国に求めた。

・東京都医師会の尾崎治夫会長は緊急会見で、新型コロナウイルスの感染が全国で拡大している状況を受けて、「GoToトラベル」キャンペーンについて「一時中止の決断を」などとする提案を行った。

厚生労働省新型コロナウイルス患者用の病床使用率(18日時点)について、北海道や東京、大阪など9都道府県で25%以上になったとの集計結果を公表。

・神奈川県は国の外食需要喚起策「Go Toイート」のプレミアム付き食事券の販売を中断すると発表。新型コロナウイルスの感染者の急増を受け、危機意識を共有してもらう狙いで、25日に販売を中断。医療崩壊を防ぐため入院基準などの見直しを検討することも決定。

・国の飲食店支援事業「GoToイート」のうち、地域限定で発行されるプレミアム付き食事券の販売が東京都内でも開始。この日から利用できる。新型コロナウイルスの感染者数が過去最多を日々更新するなか、キャンペーンが本格化。(このタイミングで…)

農林水産省は外食需要の喚起策「Go Toイート」に関し、新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、9都道府県が人数制限を設けると発表。東京都など8都道府県はパーティションで分けるなど4人以下の単位で飲食する場合のみをキャンペーンの対象とする。

大学入試センターは来年1月の大学入学共通テストの「受験上の注意」を公表。新型コロナウイルス感染症対策のためマスク着用を義務づける一方、フェースシールドやマウスシールドだけでは受験はできないとしている。このほか、試験会場内での注意点として、休憩や昼食は自席でとる、試験室出入り時は設置された速乾性アルコール消毒液で手指を消毒、換気で窓を開放する時間があるため上着などを持参する―、などを呼びかけ。試験日の1週間前から、毎日の体温や体調を記録することも求めている。

・旅行業界最大手の「JTB」は、新型コロナウイルスの影響で、今年度の経常損益が過去最大の1000億円の赤字となる見通しを公表。経営の立て直しに向けて、早期退職の拡充などによって国内外で全社員の20%程度に当たる6500人を削減する方針を明らかに。

新型コロナウイルスとの同時流行が懸念されているインフルエンザについて、厚生労働省などによると今月15日までの1週間に全国およそ5000か所の医療機関から報告があったインフルエンザの患者数は前の週から1人減って合わせて23人と例年より大幅に少ない状態。国立感染症研究所などによりますと、例年、この時期に1000人から5000人程度の報告があるということで、今月に入っても大幅に少ない状況。

世界保健機関(WHO)は日米などで新型コロナウイルスの治療薬として承認されている抗ウイルス薬「レムデシビル」について、症状の軽重にかかわらず新型コロナ患者には使用しないよう勧告。致死率などの改善効果は実証されていない一方、副作用の可能性や医療現場の負担の問題があるためと。

・米製薬大手ファイザーと独ビオンテック(BioNTech)は20日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可を米食品医薬品局(FDA)に申請。新型ウイルスワクチンの緊急使用許可申請アメリカ国内で初めて。FDAファイザーとビオンテックのワクチンの安全性を判断することとなる。データ評価にどれくらい時間がかかるかは不明だが、米政府は12月前半にも緊急使用が承認されると予想している。

 

21日

・東京都で新たに539人の感染を確認。過去最多。

大阪府で新たに415人の感染を確認。過去最多。

菅首相新型コロナウイルス感染症対策本部を官邸で開催し、観光支援事業「GoToトラベル」の運用見直しを表明。感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止する措置を導入。「GoToイート」は食事券の新規発行を一時停止し、ポイント利用を控えるよう要請。「さらに強い対策を講じる事態を回避するため、国民の協力が不可欠だ」と呼び掛け。

菅首相は官邸で記者団に「GoToトラベル」などの見直しに言及しつつ、具体的な実施時期や対象地域は説明せず。

日本医師会中川俊男会長が「秋の我慢の3連休」と表現した連休がスタート。

 

 

2020年10月

上旬

・街中・電車の中で咳をする人が増えている気がする…

・各国バレエ団の公演再開など。嬉しいが、強烈な第2波の真っ最中のような欧州で心配でもある…。

 

1日

・東京都で新たに235人の感染を確認。

・ 政府の観光振興策「GoToトラベル」キャンペーンにに今日から東京が追加。

・「日本学術会議」が推薦した新会員候補6人について、菅義偉首相が任命を拒否していたことが判明。(大きいニュースなので記録。)

新型コロナウイルスに対する水際対策のうち、全世界からのビジネスや留学などの中長期滞在者を対象にした入国制限が緩和。入国の際に提出を求められる証明書類が多く、審査に時間がかかる場面も。

・「GoToイート」のオンライン予約事業に、飲食店の一部から「もうかるのはグルメサイトだけ」と不満の声。ただでさえ経営が苦しいところに、サイトに支払う手数料が重荷になるため。

警察庁は今年上半期(1~6月)に全国の警察が扱ったサイバー犯罪に関するまとめを発表 新型コロナウイルスに関連した検挙や相談事案は計608件を確認。新型コロナ関連の事案は2月下旬以降、44都道府県の警察から報告。「サイトでマスクを注文したが、商品が届かない」といった詐欺が286件(47%)で最多。

・トランプ米大統領は1日夜、側近のヒックス大統領顧問が新型コロナウイルスの検査で陽性となった、と自身のツイッターで明らかに。トランプ氏と妻のメラニア氏も検査を受けて結果を待っており、「隔離の手続き」を始めるという。

スウェーデンファストファッション大手H&Mは来年、差し引きで250店舗を閉鎖する計画を明らかに。新型コロナウイルスの流行を受けて、オンライン販売が増えていることが背景。

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が1日、IOC委員とテレビ会議を行い、来夏に延期された東京五輪に向け、新型コロナウイルスのワクチンを大会に参加する選手団ら関係者全員に平等に行き渡るようにしたいとの意向を示したことがわかった。

・フランス政府は1日、首都パリで新型コロナウイルスの感染状況が悪化しているとの認識を示した。来週初めにも再びロックダウン(都市封鎖)の措置が講じられる可能性。フランスのベラン保健相は同日夕、パリの感染状況が過去24時間で一定の目安を超え、警戒レベルを最高に引き上げる見通しになったと述べた。

 

2日

・東京都で新たに196人の感染を確認。

総務省が2日発表した8月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント増の3.0%となり、2カ月連続で悪化。完全失業者数は前年同月比49万人増の206万人。新型コロナウイルス感染拡大で5月下旬まで続いた緊急事態宣言による雇用への影響が依然色濃く残る。

新型コロナウイルスに感染しているかを調べる検査について田村厚生労働相は2日から患者の鼻の入り口の粘液も検体として使用できると発表。検査によってはインフルエンザとの同時検査も可能に。

・政府は、来年夏に延期された東京五輪パラリンピックに合わせ、外国人観光客の入国解禁に向け、本格的な検討入。新型コロナウイルス対策として、専用の「発熱センター」設置や、スマートフォンのアプリによる健康管理の徹底などが柱。早ければ来春から試行。複数の政府関係者が明らかに。

・新型コロナ感染症の治療薬候補「アビガン」について、審査を3週間で終えて11月に承認する方向で政府が詳細な計画を既に立てていることが政府関係者への取材で判明。開発した富士フイルム富山化学は月内にも国に承認申請を出す方針。政府は内容を精査して承認の可否を決める考えを示していたが、実際は申請前から承認までの段取りが固まっていた。

新型コロナウイルスに感染し、82歳で死亡した広島県三次市の女性の遺族が、同市の訪問介護事業所の運営会社を相手取り、4400万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴したことが判明。事業所のホームヘルパーが女性への訪問を控えていれば感染を防げたとして同社が安全配慮義務を怠ったと主張。提訴は9月3日付。

・家具や日用品を販売する「ニトリホールディングス」の今年8月までの半年間の決算は最終的な利益が497億円と、中間決算としては過去最高。新型コロナウイルスの感染拡大以降、自宅で過ごす人たちのいわゆる「巣ごもり需要」で売り上げ増。

・トランプ米大統領は2日未明(日本時間2日午後)、自身と妻のメラニア氏が新型コロナウイルスの検査で陽性になったとツイッターで明らかに。ホワイトハウスで療養する予定で執務も続けるという。ただ、11月の米大統領選を控え、選挙活動に影響が出るのは必至で、容体が悪化すれば政権運営にも影響しかねない。

・米国のトランプ大統領新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを明らかにしたことを受け、東京株式市場は下落。日経平均株価(225種)は午後2時10分現在、前日終値比188円04銭安の2万2997円08銭と、取引時間中としては約3週間ぶりに2万3000円台を割り込んで推移。米大統領選が約1か月後に迫る中、トランプ氏の新型コロナ感染で、選挙戦にも影響が及ぶとの思惑から、売り注文が相次いでいる。

米大統領選の民主党候補、ジョー・バイデン前副大統領は自身の新型コロナウイルス検査結果は陰性だったと発表。29日には現職のトランプ大統領との討論会が行われていた。

・米政権中枢のホワイトハウスで、新型コロナウイルスの感染者が相次ぐ。トランプ氏が感染した経路は不明だが、9月26日にホワイトハウスで開いた連邦最高裁判所の新判事の候補を紹介した行事がクラスター(感染者集団)につながったとの見方が浮上。米メディアの話を総合すると、このイベントだけで2人の上院議員を含む少なくとも6人の感染が明らかに。ホワイトハウス記者会からも3人の感染者。トランプ氏をはじめ大半の出席者はマスクを着けず、社会的距離(ソーシャルディスタンス)も確保していなかった。

・スペインの首都マドリードは2日、新型コロナウイルスの感染者数急増を受け、部分的なロックダウン(都市封鎖)措置を導入。新たな制限措置は、同日午後10時(日本時間3日午前5時)から14日間にわたり実施。マドリードをはじめ、感染拡大ペースが加速している近隣9市町の450万人に影響。

 

3日

・東京都で新たに207人の感染を確認。

・政府の観光支援事業「GoToトラベル」で1日から利用が始まった「地域共通クーポン」のホテルに対する配布が遅れ、現場で混乱が起きていることが判明。クーポンは旅行代金の15%分がホテルからフロントなどで宿泊客に渡され、近隣での買い物や飲食に使えるが、ホテルへの配布が遅れれば宿泊時に受け取れない。事業を受託する事務局から明確な説明はなく、批判が強まりそうだ。

沖縄県は新たに29人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、2日までの1週間の人口10万人当たりの感染者数が10.5人と、再び全国で最も多くなったと発表。

・田村厚生労働相新型コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限の緩和を巡り、入国者の感染有無を確認する検査を1日2万人まで拡充すると表明。

新型コロナウイルスへの感染が判明したアメリカのトランプ大統領が、日本時間3日午前7時半前、ワシントン近郊の医療センターに緊急入院。ホワイトハウスの関係筋によると、一晩で高熱が出るなど症状が悪化し、入院を決めたとのこと。また、主治医が声明を発表し、大統領に抗ウイルス薬「レムデシビル」を投与したと明らかに。

 

4日

・東京都で新たに108人の感染を確認。

新型コロナウイルス禍の影響を受け、多くの大学が来年度入学の大学入試で個別試験(2次試験)の実施方法を変更する方針。試験会場での感染を防ぐため、筆記や実技の試験をとりやめる大学が出たほか、長期の休校に伴う学習の遅れに配慮し、出題範囲の縮小や選択式問題を導入する動きも目立つ。

新型コロナウイルスの感染拡大によって深刻な品薄に陥っていたマスクが、急激な値崩れ。3月ごろには一枚100円弱と高騰したが、今は安いもので4~6円と20分の1程度。長崎県の商社は「在庫一掃」と銘打ち51枚入りのマスクを一箱280円で販売するプランも発表。

陸上自衛隊は、朝霞駐屯地での訓練に参加した20代の女性自衛官26人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかに。

・「ケンゾー(KENZO)」の創業者でもあるファッションデザイナーの高田賢三氏が新型コロナウイルスの合併症により、パリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌにあるアメリカン・ホスピタルで死去。

新型コロナウイルスに感染し入院しているトランプ米大統領について医師団が会見。症状は引き続き改善しており、「早ければ明日(5日)にでも退院してホワイトハウスに戻る」と。また、トランプ氏がこれまでに2度血中酸素濃度が下がり、少なくとも1度酸素補給を受けていることを明らかに。

 

5日

・東京都で新たに66人の感染を確認。

新型コロナウイルスの影響で債務の返済が不能になった個人や個人事業主が借り入れた債務を減免する特例措置について、金融庁が12月1日から適用する方針を固めたことが判明。住宅差し押さえや自己破産などの法的な手続きを取らずに生活や事業の再建を後押しする。

新型コロナウイルス感染のため入院治療中のトランプ米大統領が車で外出し、車内から支持者に手を振ってあいさつしたのは米政府の定めた感染予防規定に違反しているとして、医療関係者から怒りの声。トランプ政権が定めた公衆衛生ガイドラインでは、治療中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者はウイルスを放出しており、隔離措置を取らなければならないと定められている。医療専門家らはトランプ氏の行動は大統領警護隊(シークレットサービス)を危険にさらした、と。

・英シネワールド・グループは米国で傘下のリーガルが運営している全映画館536館と、英国でのシネワールドとピクチャーハウスの映画館127館を8日から一時閉鎖すると発表。従業員約4万5000人に影響。新作公開に映画会社が消極的なことを閉鎖理由として挙げ、週末、ジョンソン英首相に宛てた書簡で「大作の公開遅延で業界の営業が不可能になった」と。米メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)は2日、「007」シリーズ最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の11月公開を取りやめ。当初は今年4月公開予定だったが、再び延期。新たな公開予定は来年4月。

世界保健機関(WHO)は5世界の10人に1人が新型コロナウイルス感染症COVID-19にかかった可能性があるとの見方を示した。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相、同国が「再び新型コロナウイルスに勝利した」と宣言し、感染第2波を封じ込めたとして、最大都市オークランドでの規制を緩和すると発表。同国は5月末に新型ウイルスを根絶したと考えられていたが、8月に人口150万人のオークランドで市中感染が再発。約3週間にわたりロックダウン(都市封鎖)が行われていた。アーダーン首相は5日、12日間連続でオークランドでの新規感染者が確認されず、感染は抑制されたと発表。市民が2度目のロックダウンに耐えたことを称賛。7日夜からオークランドの警戒レベルを他の地域同様、4段階中最小の「レベル1」に引き下げると表明。(いや、ほんとすごいなぁ、うらやましいなぁ。。)

 

6日

・東京都で新たに177人の感染を確認。

・政府の「GoToイート」キャンペーンで「不都合な使い方」をされ参加する居酒屋チェーン「鳥貴族」が困っている、と。キャンペーン参加の「鳥貴族」のディナーを繰り返し予約し、298円の商品、1品だけを注文することが効率の良いポイント付与方法としてネットで紹介。「鳥貴族マラソン」「トリキの錬金術」などと呼ばれ、実際に、鳥貴族で「とり釜飯」1品だけの会計レシートの画像をツイッターに投稿する人も。

厚生労働省新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めが、見込みも含めて2日時点で6万3347人になったと発表。業種別では、製造業に続いて飲食業で1万人超。

・日本外務省、ビジネスを目的とした韓国との往来を8日から再開すると発表。出張など短期滞在者、駐在など長期滞在者の両方が対象。

みずほフィナンシャルグループ、希望する社員が週休3日や4日で働ける制度を12月から各社で順次開始。休日を使って資格や専門知識を取得し、それぞれの業務やセカンドキャリアの充実に生かしてもらう。銀行や証券、信託銀行に勤める計4万5千人程度から希望者を募る。新型コロナウイルスの流行で「満員電車に揺られながら通勤する危うさが浮き彫りになった」(坂井社長)ことから、柔軟な働き方も選びやすくする。

公明党、大学受験や就職活動を控えた高校3年生を中心に、一律2万円の給付金を新たに設けるよう政府に提言。(2万円で高校生の票を買えるとでも思ってるのかしら…)

・女優の広瀬すず氏が新型コロナウイルスに感染。所属事務所が公式サイトで公表。体調の異常や症状は出ていないという。

新型コロナウイルスに感染して入院していたアメリカのトランプ大統領、入院からまる3日がたった5日、日本時間の6日朝、退院。ホワイトハウスに戻った。治療を続けながら隔離された部屋で執務を行うとみられるが、ホワイトハウスの関係者に感染が広がる中、入院からまる3日での退院には懸念や批判も。トランプ氏はホワイトハウスに到着後、ツイッターに動画を投稿。「コロナに生活を支配されてはいけない。コロナを恐れるな」と話した。(退院したらこんなこと言うだろうな、と思っていたセリフをズバリ言ってくれるわね…)

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長、新型コロナウイルス感染症ワクチンが年末までに準備できる可能性があると述べた。

 

7日

・東京都で新たに142人の感染を確認。

人事院、2020年度の国家公務員一般職のボーナスに当たる期末・勤勉手当の年間支給月数について、前年度より0.05カ月分少ない4.45カ月に引き下げるよう国会と内閣に勧告。新型コロナウイルス感染拡大に伴う景気減速などを背景に、民間企業のボーナス水準が公務員を下回ったため。ボーナス引き下げは10年度以来10年ぶり。

全日本空輸(ANA)は冬のボーナスを支給しない方針を固め、労働組合に提案。一般社員の月額給与も20年ぶりに減らす。新型コロナウイルスの感染拡大で経営が悪化していることを受けたもの。一般社員の平均年収は、前年に比べて3割超減ると。

・居酒屋チェーンの「鳥貴族」は、10月1日から開始の「Go To Eatキャンペーン事業(オンライン飲食予約の利用によるポイント付与)」の対象となる予約の条件を変更することを発表。コース予約だけでなく、席のみの予約がキャンペーンの対象だったことから、予約後1品のみを注文しポイントを「荒稼ぎ」する人が出現、「席のみ予約で1品だけの注文」は「トリキの錬金術師」などと呼ばれ、SNSで広がりを見せていたが、終了へ。

・すすきの観光協会の推計で、5月に約3800店あったススキノの飲食店は、感染拡大による経営悪化などで8月までに約300店が営業をやめたとみられる。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出されて7日で半年。企業経営者や、危機管理、国際政治などが専門の弁護士や大学教授などで作る民間の「新型コロナ対応・民間臨時調査会」が、政治家や官僚、専門家80人余りにヒアリングを行い、第1波の対応を検証した報告書をまとめている。報告書は、感染を徹底して押さえ込みたい専門家と経済的なダメージを懸念する政府との間ですれ違いや緊張感があったと指摘し、政府が一連の経緯を検証するよう提言。調査会は、政府の規制改革推進会議の議長で三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長が委員長を務め、今年7月に発足。

菅首相がトランプ米大統領夫妻の新型コロナウイルス感染を受け、ツイッターに投稿したお見舞いメッセージに対し、自民党外交部会で「英文のレベルが低すぎる」と苦言。問題になったのは、3日朝に首相の個人アカウントで発信された文章。夫妻の感染を知り「心配した」とする英文が「I was worried」と過去形になっており、出席議員は「今は心配していない、という意味に受け取られる」と指摘。「日本語を自動翻訳したような文章だ」との酷評も。

アメリカのトランプ大統領新型コロナウイルスについてソーシャルメディアに「インフルエンザほど致命的なものではない」と投稿し、フェイスブックは誤った情報だとして削除。ツイッターも、ウイルスに関する誤った情報が広がることを防ぐための会社の規定に反しているとして投稿に注意を促すラベルを表示したうえで、利用者が自動的には見られなくする措置。

アメリカの製薬大手イーライリリー、新型コロナウイルスの治療薬として開発している「抗体医薬品」について、当局に緊急の使用許可を申請したと発表。

 

8日

・東京都で新たに248人の感染を確認。

・政府は、中国や台湾など12か国・地域に出している「渡航中止勧告」について、11月から警戒レベルを引き下げる方向で調整入。これに合わせ、日本への帰国者に求めている待機措置についても緩和を検討。

・政府は新型コロナウイルス対策として実施している日本入国者に対する14日間の待機措置について、ビジネス目的の出張帰国者や再入国者を対象に、一定の条件を守れば、待機を免除する方向で調整していることが判明。複数の政府関係者が明らかに。日本人に加え、日本に在留資格を持つ外国人も対象とする方向。全世界を想定。

農林水産省、「GoToイート」で今月1日に始めたポイント付与事業について、千円未満の夕食など付与額より低い飲食を対象から外すと発表。下限設定などの対応を取るよう、インターネットの予約サイト運営会社を通じて飲食店側に求めた。ポイント目当てに少額の食事を注文する利用がネット上で話題になり、開始1週間で制度の見直し。

・2020年度上半期(4-9月)の全国企業倒産(負債額1000万円以上)は、件数が3858件(前年同期比9.3%減)、負債総額は5991億1900万円(同0.7%増)。件数は、年度上半期の3000件台は1990年同期(3070件)以来、30年ぶり。1991年同期以降の30年間では最少を記録。5月に新型コロナ感染拡大で裁判所の一部業務が縮小したほか、政府、自治体の緊急避難的な資金繰り支援が奏功、倒産は低水準。

 ・日本航空が50%出資する格安航空会社(LCC)「ジェットスター・ジャパン」(千葉県成田市)、国内全24路線のうち、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が伸び悩んでいた6路線を25日以降、運休することを決定。再開のめどは立っておらず、事実上の撤退。

・ラーメン店の倒産が急増傾向。帝国データバンクの調べでは、「ラーメン店」の倒産が2020年9月までに「六角家本店」を含む34件判明。9月までの累計で30件を超えたのは2000年以降初めてで、この時点で過去最多となった19年通年(36件)の件数に並ぶ勢い。このペースが続けば、ラーメン店の倒産は過去20年で最多を更新することが確実。

・俳優の中川大志氏が新型コロナウイルスに感染。所属事務所の公式サイトで発表。

・俳優の阿部サダヲ氏が新型コロナウイルスに感染。

・米ホワイトハウス新型コロナウイルス感染で一時入院したトランプ大統領について「医師の決めた治療を本日完了した」とする専属医の声明を発表。トランプ氏は10日にも激戦州の南部フロリダ州で支持者集会を再開したい意向。11月3日の大統領選を目前に控え支持率で劣勢となる中、活動再開を急ぎ挽回を図りたい考え。トランプ氏は体調はとてもいいとしつつも、新型コロナ検査で現時点で陰性になったかどうかには答えず、9日に検査を受けるとした。

ボリス・ジョンソン首相、イギリス版Go To Eatキャンペーンが新型コロナウイルス感染症再拡大の一因となったとの考えを示した。英国で行われていた外食産業支援策は、「Eat Out Help Out」(外食をして支援しよう)キャンペーン。8月中の月、火、水曜日に対象の店舗で食事をした場合、1回につき50%(上限10ポンド)を政府が消費者に支援するというもの。予算は5億2200万ポンド(約715億円)以上とされている。8月にキャンペーンが終わり9月に入ると、いったん収まっていた新型コロナウイルスの感染が拡大し、中旬には第2波に見舞われた。現在は、2度目のロックダウンを行う必要性が議論されるほど深刻な状況。感染拡大の再燃は、Eat Out Help Outなどの経済政策が一因になっているとする声も少なくない。(GoToイート開始で久しぶりに友達みんなで会おう!というような機運が高まってる気がするので、日本も同じことになりそうな予感…)

 

9日

・東京都で新たに203人の感染を確認。

厚生労働省、海外から成田、羽田、関西の3空港に到着した男女9人が新型コロナウイルスに感染していたと発表。

新型コロナウイルスに感染した入国者に対する検疫法上の隔離・停留といった措置について、厚生労働省は来年2月以降も延長する方針を厚生科学審議会の感染症部会に示し、了承。最大1年の延長が可能。26日召集の臨時国会に同法改正案を提出する方針。政府は国際的な往来を徐々に再開しているが、隔離措置などの期間を延長することで、水際対策を引き続き徹底。

東京オリンピックパラリンピックの競技会場や選手村の新型コロナウイルス対策について、大会組織委員会がロッカールームでの行動制限などを検討していることが判明。飛まつ感染を防ぐためにロッカールームでは円陣や大きな声で気合いを入れる、歌を歌うなどの行動を制限。選手村ではビュッフェ形式だった食事を個別に提供する方式に変更。フィットネスセンターや診療所では、時間制限や予約制など。

茨城県日立市は県外の企業に勤めつつ、市内に移住してテレワークをする人らへの助成制度を開始。住宅取得の契約を結んだ場合、コワーキング施設の利用料や通信機器の整備費を含め最大151万5千円を助成。県外企業から仕事を受注し、市内でリモート勤務する個人事業主にも助成。対象は10月1日以降の転入者で年齢は39歳までに限定。

吉野家ホールディングスが9日発表した2020年8月中間連結決算は、純損益が57億円の赤字(前年同期は18億円の黒字)。赤字幅は00年の東証1部上場以来、8月中間決算として過去最大、と。新型コロナウイルスの影響で不採算店舗の閉店などに伴う特別損失を計上したことが響いた。

・ロシアで新型コロナウイルス新規感染者数が急増。9日に同国内で確認された新たな感染者は、感染拡大以来最多の1万2126人。累計感染者数は127万2238人。これまでで最も多かったのは5月11日の1万1656人で、当時はほぼ全国的に厳格なロックダウン(都市封鎖)が敷かれていた。当局は国民に今週末の外出自粛を呼びかけているが、ロックダウンはされておらず、新たに実施する計画もないとしている。一方、現地メディアのRBCは当局筋の話として、モスクワ市が感染第2波を防止するためバーやナイトクラブの閉鎖を検討していると報じた。レストランは営業を続ける。

・フランス保健省は9日、この24時間で新たに感染した人の数が過去最多となる2万399人となり、これまでの感染者が69万人になったと発表。死者数も62人増え、3万2600人超。このところ新規感染者が1万人台となる日が続いていたが、ついに2万人を超え、陽性率は10.4%に。すでに、パリやマルセイユといった大都市は警戒レベルが「最高」に引き上げられているが、10日からリヨンなど4つの都市も最高警戒ゾーンに指定され、バーの営業が禁止されるなど感染対策が強化。

ニューヨーク市ブロードウェー劇場街は2021年5月30日まで全公演をキャンセルすると発表。(うわー…)

・米マイクロソフト(Microsoft)は、希望する従業員に恒久的な在宅勤務の継続を認めると、米IT系ニュースサイト「ザ・バージ(The Verge)」が報じた。新型コロナウイルスパンデミックをきっかけに増えている在宅勤務規定を拡大する企業にマイクロソフトも加わった形。

世界保健機関(WHO)は9日、過去24時間に報告された新型コロナウイルスの新規感染者が世界全体で35万766人と過去最多を記録したと明らかに。欧州での感染拡大が顕著で、全体の数を押し上げる形。

 

10日

・東京都で新たに249人の感染を確認。

・埼玉県さいたま市は、浦和区常盤9丁目の劇団「ミュージカル座」の稽古場で、2日間の稽古に参加した劇団員ら男女計62人が新型コロナウイルスに感染し、クラスター(感染者集団)が発生したと発表。病院の検査情報や劇団からの聞き取りの結果で判明。感染者は埼玉のほかに、東京都、千葉、神奈川の1都3県に上る。2日間の稽古で出演者やスタッフら計91人が参加。(すごい陽性率…)

・コロナ禍で海外旅行が難しいなか、国際線の旅を疑似体験できるフライトや施設が人気。成田空港発着の遊覧飛行には定員の100倍超の応募。9月20日、成田空港から機体全体にウミガメを描いた全日空(ANA)の超大型旅客機A380、愛称「フライング・ホヌ(英語とハワイ語で『空飛ぶウミガメ』の意味)」が富士山などを巡り成田に戻る1時間半の遊覧飛行。同機は元々、ANAが昨年、成田―米ホノルル線で飛ばすために2機導入したが、コロナ禍で今年3月末に運休となり使用できなかった。ウミガメを描いた大型の機体は他路線に転用できず、6月に機体整備の一環で乗客ゼロで飛ばすとニュースで知った2家族から「ホヌに乗りたい」との熱烈なメールがANAに届き、ANAが要望に応じて8月下旬に第1弾を企画。エコノミークラス1万4千円〜1万9千円、ファーストクラス5万円などの価格設定だったが、募集人数の150倍を超える反響。9月20日の第2弾も約110倍。今後は成田以外の発着を含め継続を検討。

・米ユタ州ウィスコンシン州の毛皮農場で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、計約1万匹のミンクが死んだことが判明。人間からミンクに感染が広がったものとみられている。ミンクは滑らかで高級感のある毛皮で知られる。ユタ州の農場では、少なくとも8000匹が新型コロナ感染症のため死んだ。

新型コロナウイルスの感染経路の一つであるつばの飛散防止について、リップクリームが効果的だとの研究結果。フランス・モンペリエ大学のアブカリアン教授らが行った研究。会話中では特にPやBの発音の際、唇の間に唾液の糸ができ、それがつばとなって空気中に放出されるが、リップクリームを塗ったところ唾液の糸はできにくくなり、人によっては飛散するつばの量が4分の1になったと。音によって効果が異なるほか、効果自体も1分ほどしか持たないことから、リップクリームはマスクの代わりにはならないが、研究を続けていく、と。

ドナルド・トランプ米大統領新型コロナウイルス感染後初の公開イベントとなる集会をホワイトハウスで開いた。トランプ氏は数百人の支持者を前に、マスクを着けずに演説し、「とても気分が良い」と宣言。

 

11日

・東京都で新たに146人の感染を確認。

・在宅勤務で書斎の需要増。住宅の役割に変化。

・インド政府は新型コロナウイルスの累計の感染者数が705万3806人に、死者は10万8334人になったと発表。感染者が700万人を超えたのは、アメリカに続き2カ国目。インドでは10月に入り、1日の新規感染者が6万から8万人台とアメリカを上回るペースで増加し続けている。

新型コロナウイルスに感染したアメリカのトランプ大統領は検査の結果、自身が「完全に陰性になった」と明らかに。また、自身には新型コロナウイルスに免疫があるとも発言。米FOXニュース(Fox News)の電話インタビューで「私には免疫があるようだ。長期間持続するかもしれないし短期間かもしれず、私には分からないが生涯持続する可能性もある。誰にもよく分からないが、私には免疫がある」と発言。トランプ氏の専属医はこの前日、同氏が新型ウイルスを他人に感染させる恐れはないと発表。

 

12日

・東京都で新たに78人の感染を確認。

・GoToトラベル、一部予約サイトで割引制限。大手旅行予約サイトの「Yahoo!トラベル」「じゃらん」「一休.com」が、GoToトラベルの割り引きを大幅に減額すると突然ウェブサイト上で発表。これまでGoToトラベルでは、1人1泊最大で1万4,000円が割引額の上限だったが、10日の予約分から、それが3,500円に引き下げられた。

・加藤官房長官、記者会見で、オンライン旅行会社を中心とした、GoToトラベルキャンペーンの販売終了や割引額の引き下げについて、観光庁で対応を検討する意向を示した。

・国の持続化給付金事業で再委託や外注が繰り返された問題で、不透明な業務や支出の無駄がないかをチェックする「中間検査」を行っていた経済産業省は検査結果を公表。契約済みの全ての外注(61社分)で、費用を抑えるための複数業者による相見積もりを取っていないことが判明したが、経産省は「市場価格より高いが、不当な請求とは言えない」と結論づけ。

・先月、自殺した人は全国で合わせて1805人で、去年の同じ時期より143人増えたことが判明。今年7月以降、3か月連続で去年の同じ時期よりも増えていて、国は新型コロナウイルスの感染拡大などの影響について分析を進めている。

・今年4月に三次市の82歳の女性が新型コロナウイルスに感染して死亡したのは、コロナ感染の兆候があったヘルパーの訪問を続けさせ安全配慮義務を怠ったためだとして、女性の遺族男性(広島市)が三次市訪問介護事業所の運営会社に計4400万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴した訴訟で、男性と運営会社が和解。

日本銀行が発表した9月の「貸し出し・預金動向」によると、都銀と地銀・第二地銀を合わせた預金残高の伸び率が前年比9.0%増と過去最高を更新。日銀によると、新型コロナウイルス感染症への影響に対応した特別定額給付金の滞留と消費活動の抑制で個人預金の伸びが高まっている。

・中国山東省青島市は市内の病院関係者6人が新型コロナウイルスに感染して発症したことを11日に確認したと発表。渡航者を除き、中国本土で発症者が確認されたのは約2か月ぶり。市政府は全住民約950万人を対象にPCR検査を開始。

・製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は新型コロナウイルスワクチンの全ての臨床試験(治験)を一時停止したと発表。治験参加者が原因不明の病気になったのが理由だが、症状など具体的な情報は明らかにしていない。

・米調査会社IDCは2020年7~9月期の世界のパソコン出荷台数(速報値)が前年同期比14・6%増の8127万2千台だったと発表。米アップルが38・9%増の689万台と大幅に伸びた。新型コロナウイルスに伴う在宅勤務やオンライン学習でパソコンの利用が増えた。IDCの調査責任者は「消費者や組織によるパソコン需要は記録的な水準に達した。部品不足の影響がなければ、出荷台数はもっと増えていた」と述べた。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、涼しく暗い環境ではポリマー紙幣や携帯電話の表面で最長28日間生存できることが分かったと、豪国立研究機関オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)が発表。CSIRO傘下の豪疾病予防センター(ACDP)の研究チームは、暗い場所での新型ウイルスの生存期間を気温20度、30度、40度の三つの温度設定で調べ、気温が上がるにつれてウイルスの生存率は下がった、と。新型ウイルスは気温20度の環境では、携帯電話のスクリーンなどつるつるした表面で「極めて長生き」なことが判明。ガラスやスチール、ポリマー紙幣の上では、28日間生存したという。気温30度だとウイルスの生存期間は7日間に短縮され、40度ではわずか24時間に激減。一方、綿布など穴のたくさん開いた表面では、つるつるした表面より生存期間が短くなり、20度で14日間、40度では16時間以内に死滅したという。

・ザ・フレーミング・リップスが10月12日、メンバー/オーディエンス全員がバブルに包まれた状態でパフォーマンスするという、ユニークなソーシャル・ディスタンス・ライブを再度開催。彼およびオーディエンスがそれぞれ透明なエアー・ボールに入り、パフォーマンスを楽しんだ。このスペシャル・パフォーマンスは彼らの故郷オクラホマ・シティにあるThe Criterionで行なわれた。The Criterionは4,000人収容できるが、この日は100人のみ入場したという。フレーミング・リップスは今年6月、米トーク番組『The Late Show with Stephen Colbert』で、このバブル・ライブを初披露していた。(すごい近未来的な光景でした。)

 

13日

・東京都で新たに166人の感染を確認。

電通パソナら身内で利益分与。持続化給付金、外注先8割公表せず : 持続化給付金の委託問題の焦点の1つは、サービスデザイン推進協議会(サ協)から再委託・外注が繰り返された多重下請け構造の不透明さ。契約金1億円以上の事業者だけで4次下請けまで64社(元請けを含む)あり、経産省はこのうち8割近くの社名を公表していない。いずれの社も外注先を選んだりする際、複数業者からの相見積もりを取っていなかった。競争が働かず、外注費が膨らんだ懸念。社名が明らかになっている15社は元請けのサ協を設立した電通や、パソナ電通の子会社などで、身内で利益を分け合う構図。経産省関係者も「身内間で事業を外注すれば、見積もりが甘くなる可能性はある」と認める。

三菱UFJ銀行が、窓口がある国内の本支店や出張所計428カ所で、来店日時を予約できるサービスを導入。12月1日以降の来店が対象。新型コロナウイルスの感染防止策として店内の混雑を緩和し、待ち時間を減らす狙い。11月2日からホームページで予約を受け付け。スマートフォンやパソコンがない場合は電話でも対応。

・「GoToトラベル」で一部の旅行予約サイトで割り引きの上限を引き下げる動きが出ていることについて、赤羽国土交通大臣は、すべての旅行事業者が最大で代金の35%分の割り引きを維持できるよう、追加の予算を配分する考えを正式に明らかに。

・政府は、新型コロナウイルスで打撃を受けた中小企業に支給する「家賃支援給付金」の事務処理が遅れているため、当面、金融機関から低金利で資金を借りられる「制度融資」で柔軟に支援するよう全国の自治体に要請。

・政府が新型コロナウイルスで低迷する消費をてこ入れするため、追加経済対策を策定する方向で検討に入ったことが判明。観光や飲食業を支援する「GoToキャンペーン」の延長などを想定しており、菅義偉首相が11月にも指示。年末に経済対策の裏付けとなる2020年度第3次補正予算案を編成し、来年1月に召集される見通しの通常国会に提出。3次補正と21年度当初予算案を一体編成して「15カ月予算」とし、それぞれに経済対策費を盛り込む方針。首相からの指示を受け、各省庁が具体策を詰める。

厚生労働省新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織(アドバイザリーボード)は感染拡大が懸念された9月の4連休(19~22日)以降、感染者が増えた地域があるとし、「感染拡大の動向に留意が必要」と評価。社会活動が活発になる中で、全国的な感染拡大につながる兆候を早く見つけて対応するよう求めた。専門家組織によると、1人の感染者が何人に感染させるかを表す実効再生産数は8月末以降、東京、大阪、北海道、沖縄で1前後が続く。1超えは感染拡大を示す。直近では全国的にみて1を上回った。

スーパーコンピューター「富岳」を使った新型コロナ感染リスクの検証で、飲食店で隣同士に座って会話した場合は正面で会話するよりも5倍の飛沫を浴びることが判明。

熊本県新型コロナウイルスのリスクレベルを現在の「3:警報」から「4:特別警報」に引き上げ。

愛媛県今治市で特定の男性を名指しし、新型コロナウイルスの感染者だと中傷するビラを掲示したとして、今治市の古物買い取り店代表・野間翔太容疑者ら男2人が逮捕。7月24日の夕方、市内の飲食店などに30代の男性が新型コロナの感染者だと中傷するビラを掲示し、不特定多数の人が見られるようにした疑い。

・3月に南米ペルーの世界遺産マチュピチュ観光に訪れた邦人男性が、新型コロナウイルス感染防止対策による遺跡閉鎖と移動制限に遭い、麓の村で足止めされたまま200日以上を過ごし、10日、ペルー政府に遺跡訪問を特別に認められ、唯一の観光客として世界遺産を"独占"。男性は世界一周旅行の最後の地として3月16日に遺跡に入るチケットを買い14日に麓のマチュピチュ村に入ったが、ペルー政府が15日に国家緊急事態令を発表し、国境を封鎖して国内の移動も厳しく制限。遺跡も閉鎖。足止めされた邦人のためのチャーター便も手配されたが、料金が高く、空港までの移動も難しかったため断念。村で子どもにボクシングを教えたり、宿泊先のオーナーからヨガを教わったりして日々を送った。11月に資格試験を受けるため日本に帰る必要があり、遺跡訪問はあきらめかけていたところ、地元紙が「マチュピチュ最後の観光客」と片山さんの境遇を報道。片山さんに多くのペルー人から「入れるよう村長に頼んであげる」などのメッセージや応援が殺到、政府の許可につながった。(う、うらやましいような…そうでないような…きっとすごく大変だったろう…)

ポルトガルサッカー連盟(FPF)、ユヴェントスに所属する同国代表FWクリスティアーノ・ロナウド氏の新型コロナウイルス陽性を発表。無症状で、隔離に努めている。同選手は14日に行われるUEFAネーションズリーグ第4節スウェーデン戦の欠場が決定。

・米製薬大手イーライリリーは、新型コロナウイルス感染症(COVID19)抗体治療薬の臨床試験で被験者の登録を停止したことを明らかに。安全性への懸念が理由。広報担当は電子メールによる発表文で、米政府の支援を受けて進めている臨床試験は、独立したデータ安全性監視委員会(DSMB)から停止の勧告を受けたと述べた。データ委員会が停止を勧告した理由について詳しい情報は明らかにしていない。

・オランダのルッテ首相は新型コロナウイルス感染拡大の深刻化を受け、飲食店を閉店させ、大半の娯楽イベントと18歳以上のチームスポーツを禁止するなどの「部分的ロックダウン(都市封鎖)」を14日夜から行うと発表。屋内外を問わず、グループで集まれるのは原則4人までとし、午後8時以降の酒類販売も禁じる。オランダの感染対策はこれまで周辺国と比べて緩く、マスク着用も強制していなかったが、今回初めて公共の屋内施設や交通機関内で13歳以上のマスク着用を求め、国内の移動も最低限にとどめるよう要請。

・米ネバダ州在住の男性が新型コロナウイルスに再感染した事例が英医学誌「ランセット」で報告されたことを受け、免疫やワクチンの効果を巡る疑念が研究者の間で高まる。この男性(25)は軽度の症状を発症した後、4月に検査でコロナの陽性が確認された。その後5月終盤に再び症状が現れ、2回目は症状が重かったという。この男性は現在は回復している。コロナ再感染はアジアなど世界各地で確認されているが、依然まれなケースとされている。英リーディング大学の微生物学専門家サイモン・クラーク氏は「人々が容易に再感染するのであれば、ワクチン開発プログラムやパンデミック(世界的大流行)終息の時期や方法を巡る見通しにも影響が及ぶ」とした。

・米国の名門オーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニックは2021年6月までの今シーズンの公演を全て中止すると発表。新型コロナウイルスの感染を防ぐためで、全公演の中止は178年の歴史で初めて。21年6月13日までの全公演を中止する。州当局の指示に従ったもので、再開メドは示していない。米メディアによると20年8月通年の損失額は約1000万ドル(約10億5千万円)に上っており、NYフィルは声明で「開団以来最大の危機に直面している」とした。

 

14日

・東京都で新たに177人の感染を確認。

新型コロナウイルスの影響で苦境に陥った個人事業主らを支援する「持続化給付金」の不正受給が全国で1000件を超えたことが捜査関係者への取材でわかった。被害は10億円規模に上る可能性があるという。SNSで誘われた若者らが職業を偽って申請するケースが多く、専門家からは「国のチェックが甘すぎる」との指摘が出ている。

・「GoToトラベル事業」の運営を担う「GoToトラベル事務局」に出向している大手旅行代理店社員に、国から高額な日当が支払われていることが「週刊文春」の取材で判明。GoToトラベル事務局を構成するのは、全国旅行業協会(ANTA)などを除けば、業界最大手のJTBを筆頭に、近畿日本ツーリストを傘下に置くKNT-CTホールディングス、日本旅行東武トップツアーズという大手旅行代理店4社。この4社から各都道府県のGoToトラベル事務局に社員が出向する形を取っている。

新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した受験生について、文部科学省が、無症状で陰性が確認されたことを条件に大学入学共通テストの受験を別室で認める方向で検討を進めていることが同省への取材で判明。6月公表のガイドラインでは、14日間の健康観察期間中は受験できないとしていた。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて全世界が対象になっている渡航自粛要請について、外務省が引き下げる方向で検討を進めていることが判明。

サイゼリヤは2021年8月期(今期)の連結最終損益が36億円の赤字になる見通しだと発表。新型コロナウイルス感染症の収束が見通せず工場生産などに影響を与える可能性があるほか、消費者の外食自粛ムードが継続するなど「引き続き厳しい状況が続いていく」と予想。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、通院せずに在宅で行う人工透析があらためて注目。腎臓病患者が在宅で透析をすることで、回数を増やして毒素による体の負担を軽減できたり、自分の予定に合わせたりすることができる。事故リスクや患者に知られていないなどの理由で利用は限られており、医師は「生活の質の向上につながる」と選択肢としての検討を呼び掛けている。

・藤田医大(愛知県豊明市)は京都大発医療ベンチャー「リバーセル」と、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った新型コロナウイルス感染症の新しい治療法開発に乗り出すと発表。京都大の技術で、新型コロナに感染した細胞を攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」をiPS細胞から作製し、患者に投与する。2~3年以内の臨床応用を目指す。

国際通貨基金(IMF)は、新たな財政報告を公表。2020年の世界全体の政府債務残高は、国内総生産(GDP)合計の98.7%に達し、前年比で15.7ポイント上昇すると見込んだ。新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策が主な理由で、各国の財政状況は急速に悪化。

 

15日

・東京都で新たに284人の感染を確認。8月20日以来最多。

・持続化給付金について、受給した本人や家族らから「不正受給に当たらないか」などとする相談が14日時点で全国の警察に約1600件寄せられていることが15日、警察庁への取材で判明。

・特別定額給付金の通知を装ったフィッシングメールが増えているとして、フィッシング対策協議会は注意を呼び掛け。本文中のURLからフィッシングサイトに誘導し、氏名や生年月日などの入力を促すという。偽メールの件名は「二回目特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)」など。給付金の支給には申請が必要だとして、偽サイトのリンク(https://kyufukin.●●●●.online/)に誘導。誘導先の偽サイトでは総務省マイナンバーカードのリンクが貼られた申請フォームが表示され、氏名や生年月日の入力、通帳やキャッシュカードの画像をアップロードするよう求められるとしている。偽サイトは15日午前10時時点で稼働中であるとして、フィッシング対策協議会はメールやSMS内のリンクから偽サイトにアクセスしないよう呼び掛けている。

・都議会最大会派、都民ファーストの会伊藤悠都議、次の都議会定例会で、新型コロナウイルスについて全国初の罰則付きの条例を議員提案として出す。・感染がわかった後に出歩いて一定人数を感染させたら罰金 ・休業要請や時短要請に応じず、ガイドラインも守らなかった事業者のところでクラスターが起きたら罰金 ・要請(特措法24条9項による)に従わずガイドラインも守ってなかったら事業者名公表。「他人に感染させたという結果に罰則を科すものだ」 (ええええ…)

・政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は第11回会合を開き、現在の感染状況について「増加要因と減少要因が拮抗している」との見解を取りまとめた。拮抗状況は、クラスターの連鎖などによって「いつ崩れてもおかしくない」とし、社会経済活動を活発化させる上で、リスクの高い行動や場面を分かりやすく情報発信するよう政府に求めた。

・東京都世田谷区は新型コロナウイルス対策で2日から始めた無症状の介護施設職員らが対象のPCR検査の陽性率が14日までの時点で0.7%だったと発表。約270人に検査し、陽性者は2人。2021年1月までをめどに約2万6000件の検査をする予定。

・松竹が発表した令和2年8月中間連結決算は最終損益が94億円の赤字(前年同期は20億円の黒字)に転落。新型コロナウイルスの感染拡大で映画館の座席販売数を絞ったり、歌舞伎座の公演中止が続いたりしたことが響いた。売上高は前年同期比60.8%減の197億円。

・神奈川県などは横浜スタジアムで行われるプロ野球の試合で、現在の制限を上回る観客を入場させた場合の感染防止策やその効果を確認する実証実験を行うことに。今月30日から来月1日まで横浜スタジアムで行われるプロ野球の試合で、満員に近い観客を入場させ、最新の技術をつかって感染防止策やその効果を検証する実証実験を行うことにした、と。現在、プロ野球Jリーグなどの観客の数は収容人数が1万人を超える会場では、その半分までが上限。

・「住居確保給付金」の申請が、4~8月で計約10万9千件に上ることが15日、厚生労働省のまとめで判明。このうち支給が決まったのは約88%に当たる約9万6千件で、リーマン・ショック後の2010年度1年分(3万7151件)の約2.6倍と、過去最大。新型コロナウイルス感染拡大による雇用情勢悪化で家賃が支払えず、住まいを失ったり、失いかけたりするなど、多くの人が危機に直面している実態が浮かび上がった。

メガバンクなど4行と日本政策投資銀行は、航空大手のANAホールディングスに対して、一部が資本と見なされる「劣後ローン」の形で合わせて4000億円の融資を行う方針を固めた。新型コロナウイルスの影響が長期化するのに備えて財務基盤を強化する狙い。

・フランス保健省は24時間以内の新型コロナウイルス新規感染者が過去最高の3万人に達したと発表。累計感染者数は80万人を超え、死者数は3万3000人に上る。カステックス首相は記者会見で「市民に対し、事態の深刻さを理解するよう呼び掛ける」と強調。

 

16日

・東京都で新たに184人の感染を確認。

・麻生財務相閣議後記者会見で、新型コロナウイルス対策として国民一律に給付金を再支給することへの考えを問われ「特別定額給付金は緊急事態宣言が全国に拡大したことを踏まえて行った。宣言が解除されている現在とは状況が異なる」と述べ、否定的な考えを示した。

・民間の検査会社が独自に行っている新型コロナウイルスの検査で陽性となった人を国や自治体が把握できていないことがFNNの取材で判明。現在、新型コロナウイルスの検査は、医療機関などを通じて行うルートとは別に、企業や個人などが直接、民間の検査会社で行う方法がある。陽性者が出たことを保健所に報告する「発生届」は、診断した医師が出す決まりとなっているが、医療機関と提携していない民間の検査会社ルートで陽性となった人は、あらためて自主的に医療機関を受診する必要がある。しかし、全員が再び受診するとは限らず、国などがすべての陽性者を把握できていない疑いがあることが判明。

・劇場版「鬼滅の刃」無限列車編公開。→公開から3日間で興行収入46億円、観客動員340万人。その後、公開から10日間での興行収入100億円突破、日本で上映された映画の中で最も速い日数。ニューヨーク・タイムズの10月20日付け「パンデミックって何? 日本映画に記録的な観客が押し寄せた」という記事では「これまでの国内記録の2倍以上だ。先週末の興行収入としては世界最高で、日本以外の全ての国の売上合計をも上回っている」と伝えた。アメリカでは、現在新型コロナの影響で、ニューヨークやロサンゼルスなどの主要都市の映画館は休業が続いており、大手スタジオの新作上映も止まっている。日本でも、『ワンダーウーマン 1984』や『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』などのハリウッドの大作の多くが、年末や2021年以降に公開延期。本作には「ほとんど競争相手がいない状況だった」とし、「この成功の偉大さは、通常時でも並外れているが、パンデミックの中では特別な意味を持つ」と分析。「混雑した劇場で、他人と隣り合わせで数時間座ることが安全だと感じられたら、観客は早く映画館に戻ってくるということを証明した」とまとめた。→11月9日記事 : 初日から24日間(8日まで)の動員数1537万3943人、興行収入204億8361万1650円を記録。歴代興行収入ランキング(邦画と洋画含む)では、『ハリーポッターと賢者の石』(2001年)の約203億円を超え、5位にランクイン。(興行通信社調べ)

富士フイルムホールディングス新型コロナウイルスの治療薬として、アビガンの製造販売の承認を厚生労働省に申請。同省は11月にも承認する可能性。富士フイルムは日本の臨床試験(治験)のデータを活用し、欧米での承認を申請することも視野に入れている。日本で有効性と安全性が確認されて承認されれば、海外販売に向けても前進。

・赤羽国土交通相は会見で、GoToトラベルキャンペーンの地域別の予算配分を撤廃したことを明らかに。これまで、事務局が各事業者に配分した予算枠を、事務局から通知した各地域別に販売するように求めていた。事務局では段階的な予算配分を計画したいたものの、前倒しで実施するほか、これまでに配分した予算枠の地域別配分を撤廃。

・萩生田文部科学相閣議後記者会見で、後期授業の対面の割合が3割以下と回答した国公私立大など376校を対象に、改めて対面とオンライン授業の比率などを再調査すると発表。11月上旬をめどに大学名も含めて結果を公表。文科省は8、9月、全国の国公私立大など1060校に対し、秋からの後期授業での対面とオンライン授業の比率を調査。8割が併用すると回答し、対面の比率を「3割程度」「2割以下」とした大学が4割に上った。(こんなことするなら「対面授業しろ」と命令すればいいのに。どうしても「責任はとりたくない」のかしら。全くもう。)

経済産業省は商店街イベントなどを支援する「GoTo商店街キャンペーン」の先行募集(1次締切)について、GoTo商店街事務局が34件の事業を採択したと発表。

・格安航空会社(LCC)「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」は新型コロナウイルスの影響で延期されていた旅客便(成田―韓国・ソウル)を初めて就航。入国制限が続き、初便の乗客はわずか2人と厳しいスタート。

国立感染症研究所(東京)は札幌、小樽両市で日中のカラオケ「昼カラ」の客らが新型コロナウイルスに相次いで感染し、複数のクラスターも発生した要因を分析する調査報告書をまとめた。感染者が確認された「昼カラ」ができる店の利用者らを調査した結果、感染者の約8割は店内でマスクを着用せず、平均滞在時間は感染しなかった人より1時間長かったことなどが判明。

新型コロナウイルス対策をめぐり、東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県知事が内閣府西村康稔経済再生担当相と会談。小池百合子都知事らは、入国者に対し、感染者と濃厚接触した可能性がある場合に通知するスマートフォン用アプリ「COCOA(ココア)」の利用を義務付けるよう要請。入国制限の緩和に当たっては、水際対策を徹底するよう要求。

・ロシア政府は、新型コロナウイルス感染拡大で実施している入国制限措置の適用について、日本を除外する政令を発表。ロシアでは今年3月から新型コロナウイルスの感染拡大による入国制限措置を行っていて、日本からは限定されたビザの取得者以外は原則入国ができなかった。今回の政令によると14日から日本を入国制限の対象となる国から除外。ビザの種類に関係なく、ロシアへの入国を可能にする見込み。ただし、入国前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明が必要で、労働目的の場合には14日間の自己隔離が課される。

東北大学島津製作所は、息から検体を採取して新型コロナウイルスの感染を調べる新しい検査システムを開発したと発表。痛みを伴わない画期的な検査方法の開発。

・ヨーロッパで新型コロナウイルスの感染者が急増。WHOによると、16日に報告された一日あたりの新規感染者数はヨーロッパ全体でおよそ15万3000人に達した。

ドナルド・トランプを神のように崇め、自宅の庭に等身大のトランプ像を建て、お手製の神殿に毎朝祈りを捧げていたという、インド南部、テランガーナ州のコニー村で農業を営む33歳のブッサ・クリシュナ。この4年間、熱烈にトランプを崇拝しており、今月2日にトランプが新型コロナウイルスに感染したことを発表した際には「私の神、トランプがコロナウイルスに感染してとても悲しい。彼がただちに回復できるよう、みんなも祈ってほしい」と涙ながらに語る動画をFacebookに投稿。さらにトランプ夫妻の早期回復を願い、自ら断食を開始。しかしそれから1週間ほど経った11日、彼は突然倒れた。両親の家でお茶を飲んでいたクリシュナは、倒れてからすぐに病院へ運ばれたものの、心臓発作でそのまま亡くなってしまった。(いやぁーなんかもう…いろいろ劇的過ぎて言葉が出ません。)

・米国の新型コロナウイルス感染者が16日、累計で800万人超に。1日あたりの新規感染者数は7月のピーク時に近づきつつあり、冬本番を控え感染の「第3波」に警戒が強まる。

世界保健機関(WHO)は抗ウイルス薬のレムデシビルについて、新型コロナウイルス感染症で入院した患者の死亡率に対する影響は「ほとんどあるいは全くない」とする臨床試験結果を発表。患者の回復を早める効果もないようだとしている。レムデシビルはこれまで、新型コロナウイルスに対して効果があると見られていた唯一の医薬品。米食品医薬品局(FDA)も、新型コロナウイルスの治療薬として唯一の緊急使用許可を出していた。

 

17日

・東京都で新たに235人の感染を確認。

・福岡市の歓楽街・中洲の新型コロナウイルス感染者数が、7~8月の増加傾向から減少に転じた理由を分析していた政府は、接待を伴う飲食店などの利用時間を短縮するよう福岡県が要請し、中洲の人出が20%以上抑制されたことが主な要因とする結果をまとめた。歓楽街での成功が、ウイルスの市中感染抑止に直結する。政府は中洲の人出を週単位でさらに詳しく検証し、全国的な対策に生かしたい方針。

・埼玉県内で窃盗事件の総数が減った一方で、無人の店舗から金品などを盗む「出店荒らし」が急増。犯人が警察が警戒を強める特殊詐欺からシフトしている可能性や、コロナ禍の影響もあるとみて、県警は注意を呼びかけ。

劇団四季の俳優ら10人が新型コロナウイルスに感染したことが判明。いずれも、東京・汐留の電通四季劇場で上演されているミュージカル「アラジン」の出演者ら。公演は10日から中止していたが、キャストを入れ替えるなどし、15日に再開。同劇団によると、アラジンに出演していた俳優1人が新型コロナの陽性となり、濃厚接触者となったほかの出演者やスタッフら29人を検査したところ、9人が陽性。(キャスト総入れ替えだったみたいですごい解決法だわ。そうそうこんなことできる劇団ないだろうけど…)

・新規感染者数が7830人となったドイツのメルケル首相、国内の流行が「非常に深刻な局面」にあるとした上で、国民に不要な外出を控えるよう訴えた。「クリスマスがどうなるかは、この先の数日、数週間で決まる。私たちの行動にかかっている」とも。

・故中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬。自衛隊も動員。国費9600万円支出や弔意要請。(記録)

新型コロナウイルスの「第2波」が深刻化している欧州で、1日当たりの新規感染者数が過去最多を更新したと発表する国が相次ぐ。イタリア政府は17日、新型コロナ感染者が前日から1万925人増えたと発表、1日の新規感染者は4日連続で過去最多を更新。ベルギー保健当局は17日、感染者が13日に1万369人確認されたと発表。同国で1日に1万人以上の感染者確認は初。オランダからの17日の報道によると、同国も過去24時間の新規感染者が過去最多となる8114人を記録。オーストリアチェコポーランドでも最多の報道が相次いだ。

 

18日

・東京都で新たに132人の感染を確認。

読売新聞社が16~18日に実施した全国世論調査で、新型コロナウイルスを巡る政府のこれまでの対応を「評価する」と答えた人は56%で、8月7~9日調査の27%から倍以上の割合に上昇。「評価しない」37%(8月調査66%)と逆転。政府が観光支援策「GoToトラベル」事業を実施していることについては「適切だ」48%、「適切ではない」44%と意見が割れた。

・イタリアのコンテ首相、新型コロナウイルス感染拡大防止のための追加的な制限措置を発表するとともに、各市町村長に人々の集会を阻止するために公共広場を午後9時以降閉鎖する権限を与えた。イタリアの新規感染の傾向この日に報告されたコロナ新規感染者は1万1705人と、過去最多を記録。コンテ氏は記者会見で「危機的」な状況だとした上で、政府はコロナ流行発生当初の3月に実施した大規模な封鎖措置の再導入を回避する決意だと表明。

 

19日

・東京都で新たに78人の感染を確認。

・抗原検査でいったん陽性者として発表されたものの、その後、訂正される事例が横浜市で相次いでおり、全国的にも散見。簡易で迅速な一方、精度が低いという抗原検査の弱点が浮き彫りになった形で、横浜市の船山和志・健康安全医務監は「検査結果だけで判断せず、症状や行動記録なども含めて総合的に診断してほしい」と呼び掛け。(いろいろ理由付けてPCR検査やらないから余計に精度の低い検査で酷いことになってるんじゃないの…)

・政府が観光支援策として進める「GoToトラベル」事業で、事務局の運営のため大手旅行代理店から出向している社員に、国庫から1人当たり4万5千円を超える高額な日当が出される見込みであることが判明。国会内で19日に開かれた野党合同国対ヒアリングで、観光庁が明らかに。

・政府・与党は確定申告などの税務手続きで押印の原則廃止を検討。2021年度の税制改正で検討し、年末にまとめる与党税制改正大綱に反映。新型コロナウイルス禍を受けて菅政権が掲げる社会のデジタル化の一環。税に関わる他の書類でも「脱ハンコ」を進める。

・新型コロナワクチンの開発を巡り、日本国内の組織に対し研究内容を盗み取ろうとするサイバー攻撃が仕掛けられていたことが情報セキュリティー会社への取材で判明。国内での攻撃確認は初とみられ、中国のハッカー集団の関与が疑われている。

・ トランプ米大統領ホワイトハウス新型コロナウイルス対策チームの一翼を担う国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長を「最悪」と酷評し、ファウチ氏の提言に従っていれば「米国では50万人の死者が出ていただろう」と述べた。

・欧州で新型コロナウイルスの感染が再び急拡大。世界保健機関(WHO)によると、欧州で直近1週間の新規感染者数は3月の「第1波」の3倍近くに達した。

 

20日

・東京都で新たに139人の感染を確認。

・野上農相、閣議後記者会見で、「GoToイート」のポイント付与事業に関し、制度が始まった今月1日から9日までの9日間で延べ約558万人の予約があったと明らかに。実際に利用されればポイント付与額は49億円分。

不動産経済研究所が発表した2020年度上半期(4~9月)の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンション発売戸数は前年同期比26.2%減の8851戸。1973年の調査開始以降、4~9月として初めて1万戸を割り込み、過去最低を記録。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたモデルルームの営業休止などが響いた。

関西大学では、同じサークルに所属する10代~20代の学生14人の感染が判明。感染者と同じ学科や学年の学生約1500人に対して、10月24日まで自宅待機するよう通知。対象の学生は原則オンラインで授業を受ける。

 

下旬

・休息を促す形に変更された風邪薬のCMをテレビで目撃。働き方もそうだけど、このご時世、体調不良なら出勤してもらいたくないわよね…(10/5付記事も:医薬品メーカー2社が、風邪薬の広告メッセージの"刷新"に踏み切った。風邪薬の広告といえば、これまでエスタックの「風邪でも、絶対に休めないあなたへ」をはじめ、症状を抑えて仕事に励もうと促す訴求が目立った。しかし、シオノギヘルスケアの「パイロンPL」シリーズ、興和の「コルゲンコーワIB錠TXα」では、「休息」の重要性を伝える内容に変更。)

・マスク値下がり。商店街の店舗で、50枚入り500円以下のものも見かけるように。

 

21日

・東京都で新たに150人の感染を確認。

日本政府観光局が発表した9月の訪日外国人旅行者数は、前年同月比99.4%減の1万3700人。6か月連続の99%減で、12か月連続で前年を下回った。

全日空は主に長距離国際線で使う大型機25~30機を削減する方針。リースを含め約60機の大型機を保有しており、半減させる。現在の航空業界の状況では売却の際、取得時の価格よりも大幅に安くなることが想定されるため、まずは帳簿上の価格を引き下げ、評価損を計上する減損処理を20年9月中間決算で行う。大型機は小・中型機に比べ燃費が悪く、整備費用などもかかるため、リストラ策の柱とする。コロナ禍で拡大路線は巻き戻しを余儀なくされた。

熊本県新型コロナウイルスの感染がおさまらないことから、リスクレベルについて特別警報の「4」を維持する方針を固めた。

 ・スペイン保健省は国内で新型コロナウイルス感染が確認された人が前日の発表から約1万7千人増え、計100万5295人となったと発表。欧州諸国で100万人を超えたのは初めて。

 

22日

・東京都で新たに185人の感染を確認。

・政府は72時間以内の「超短期」のビジネス目的による入国を条件付きで認める方向で調整入。14日間の待機を免除。新型コロナウイルス禍の下、経済的関係が強い国や地域との民間取引再開を後押しし国内の景気回復につなげるのが狙い。中国や韓国など商用目的の往来が多い国を対象に11月中にも受け入れを始める方向。

新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織は会合を開き、全国の新たな感染者数はほぼ横ばいだった状況から微増傾向になってきているとの分析結果をまとめた。首都圏の感染状況が落ち着かず、そこから地方に広がっているのが全国的に感染者が減らない要因、と。

富士フイルム富山化学(東京)は新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」を中国で展開するため、現地の製薬会社「安徽康レイ薬業(ケアリンク)」を提携先に選んだと発表。中国でのアビガンの輸入申請などを独占的に行う。アビガンによる治療の選択肢を増やすため、共同で注射剤の開発も進める。

オリエンタルランド東京ディズニーランド東京ディズニーシーの年間パスポート所持者を対象に、有効期限に応じた払い戻しをすると発表。対象となるのは、有効期限が2020年2月29日以降の年間パスポート所持者。休園となった2月29日以降の残りの有効期間に応じた払い戻し対応を行うとし、今月23日より払い戻しの申し込みを受け付ける。

読売旅行(東京)は今月中旬に実施した北海道ツアーの参加者と乗務員計41人のうち、40~80代の男女12人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表。旅行中にクラスターが発生した可能性がある。感染した12人のうち、軽症者が数人であとは無症状という。陰性は17人。残り12人の検査結果は不明。関西地方から入り、北海道内を周遊するツアー。1人がチェックシートの「せきや喉の痛みなどがある」という項目にチェックを付けたが、添乗員が気付かなかったという。

・6~8月の新型コロナウイルスの感染者の中で重症になった人の割合(重症化率)が、1~4月と比べ大幅に下がったとの分析結果を京都大の研究チームがまとめた。厚生労働省の助言機関の会合で示された。感染者の早期発見や治療法の発展が重症化の抑制につながったとみられる。

・「高収益作物次期作支援交付金」をめぐり農林水産省の募集の仕方に不備。補助金は今年度第1次補正予算で241億円を計上し、コロナの影響で損失を被った農家を支えるため、野菜や果物などの園芸作物の農家を対象に肥料や資材を買う費用を補助、10アールあたり5万円、ハウス栽培の花きや大葉などは最大で同80万円を支払うもの。農水省は6月から交付対象となる農家の募集を開始。コロナの影響を受けた農家を幅広く支援するため、次期作に向けた肥料や資材を購入すること以外に特に条件は設けなかった所、申し込みが殺到し、8月末に締め切った1次公募で予算の倍近くの応募。このため、農水省は今月12日、コロナで売上高が減った作物だけを対象にするよう条件を追加。農家にはその減収を証明する書類の提出も求めることに。対象外となる農家がすでに補助金を当て込んで肥料や資材を購入していると猛反発。自民党農水族議員からも「現場は大変混乱している」などと、対応を求める声が相次いでいる。問題が続出した「GoToキャンペーン」に続き、コロナ対策のずさんさが再び露呈。

 

23日

・東京都で新たに186人の感染を確認。

・北海道内の新型コロナウイルスの感染者は10月23日「51人」とこれまでで最多。北海道は今後も感染が拡大した場合、鈴木知事は警戒ステージの引き上げも検討するとするなど警戒感が広がる。

・大手旅行会社が実施したツアー旅行で10人を超える参加者と乗務員が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、観光庁は旅行業界に対して感染拡大を予防するガイドラインを守って参加者の健康管理や感染防止対策を改めて徹底するように求めた。

新型コロナウイルスから回復した人について、国立国際医療研究センターが追跡調査したところ、退院後に髪の毛が抜ける脱毛症になった人や、4か月たっても、息切れや匂いが感じられない嗅覚の異常などがあった人がいたことが判明。

・政府の新型コロナウイルス分科会は年末年始の休暇について、休みの分散や1月11日までの延長を促すなどの提言をまとめた。来年1月4日の月曜日を仕事始めとする企業が多いとみられ、帰省や旅行、初詣などによる人出増を分散するため、11日の成人の日まで休みを延ばすよう働き掛ける。

・野上農相は閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大によって売り上げが減少した飲食業界の支援策「GoToイート」のポイント付与事業に関し、制度が始まった今月1日から16日までで延べ約1092万人の予約があったと明らかに。実際に利用されれば、ポイント付与額は98億円分。

沖縄県議会事務局は沖縄・自民会派に所属する9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表。22日には同会派の座波一氏(島尻・南城市区)の陽性が分かっており、感染者は計10人。県は集団感染(クラスター)と認定。県議団18人は今月18~21日にかけて先島地域に視察した後、22,23日両日に感染が次々と明らかに。県によると、「視察クラスター」は全国初とみられる。県議団は与那国町石垣市宮古島市を視察し、首長や地元議員らと懇親会を開催していた。

ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定。ドゥダ大統領は体調は「良好」だとしている。感染経路は不明。

 

24日

・東京都で新たに203人の感染を確認。

・麻生副総理兼財務相新型コロナウイルス対策の一環として国民1人あたり10万円を配った特別定額給付金について、「その分だけ(個人の)貯金が増えた」と述べ、消費を喚起する効果は限定的だったとの見方を示した。福岡市で開いた自身の政治資金パーティーで語った。

・東京都民の都内への旅行代金が補助される、いわゆる「都民割」が24日から開始。名所を巡る「はとバス」のツアーには初日から大勢の観光客が参加。

・北海道の感染者、23日の51人を上回り、過去最多となる60人に。

・個人の希望で新型コロナウイルスの感染を調べる自費検査について、厚生労働省は民間の検査会社に対し、陽性の結果が出た人に保健所への相談や医療機関の受診を促すよう呼びかける方針を固めた。厚労省はこうした手順を盛り込んだ指針案を作成の上、近く「アドバイザリーボード」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)に提案し、議論を本格化させる。

・イタリア政府は新型コロナウイルスの感染者が前日から1万9644人増え累計50万人を超えたと発表。1日の新規感染者は4日連続で過去最多を更新し、最悪ペースで増加。新たな死者は151人で累計約3万7千人。

 

25日

・東京都で新たに124人の感染を確認。都内の感染者は累計3万人超に。

宮城県内で新たに仙台市で30人の新型コロナウイルス感染が確認。仙台市以外では新規感染者は確認されず。宮城県内で新たな感染者が確認されるのは61日連続で、感染者の累計は602人に。1日に30人の新規感染者が確認されるのは、過去最多。

 ・新型コロナウイルスの影響で途絶えていた国内のクルーズ船の運航が再開し、初めてとなる船が出港。客を乗せたクルーズ船として国内で初めて運航を再開したのは、商船三井客船の「にっぽん丸」で、25日は出港を前に愛媛県新居浜市の港で歓迎を受けた。長崎県佐世保港を往復する船旅にはおよそ200人が参加していて、事前のPCR検査やビュッフェ形式の食事をやめるなど、新型コロナの感染防止対策が取られた。

シンガポール航空、世界最大級の旅客機を使って機内食を提供するレストランの営業開始。シンガポール航空は国際線しか運航しておらず、ほとんどのフライトが運航中止となっている影響で、ことし6月までの3か月で800億円を超える赤字となり、グループ全体のおよそ15%にあたる4300人の人員削減を決めるなど苦しい経営状態が続く。これを受け、航空事業以外で売り上げを確保しようと世界最大級の旅客機、エアバス社のA380型機を使って機内食を提供するレストランの営業を24日から期間限定で開始。

・スペインのサンチェス首相は新型コロナウイルス感染再拡大の深刻化を受け、同日から全土に改めて非常事態を宣言すると発表。国内ほぼ全ての自治州で夜間の外出を禁止。

・ペンス米副大統領、側近の新型コロナウイルス感染が発覚したものの、11月3日の大統領選に向けた地方遊説を断行し、トランプ政権の感染症対応に改めて批判が高まる。米国の新規感染者数が急増する中、メドウズ大統領首席補佐官が「感染拡大を制御するつもりはない」と発言したことも拍車。

 

26日

・東京都で新たに102人の感染を確認。月曜100人超は8月末以来。

・第203臨時国会が召集。9月の菅政権発足後、初の国会論戦。菅義偉首相は縦割り行政の打破などを訴え、改革姿勢をアピールする方針。野党側は日本学術会議の問題を取り上げ、会員候補6人の任命を拒否した理由などをただす考え。政府の新型コロナウイルス対策なども論点となる。

新型コロナウイルスは糖尿病の引き金か、症例相次ぐとの報道。

経済産業省は10月26日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けているイベント主催者や参加者を支援する「Go Toイベント」実施に向け、参加事業者の募集を開始。オンラインイベントなどの新しい取り組みも対象。

東京都交響楽団(東京・台東)は新型コロナウイルスの患者対応に当たる都内の医療従事者らを11~12月の主催公演へ招待する。感謝の意を示すとともに音楽で心を癒やしてもらう。

・北海道内での新型コロナウイルスの感染者急増で患者の病床数が逼迫しつつあることを受け、道はコロナ対策のため道が独自に設定する「警戒ステージ」を1段階引き上げる検討を開始。冬に向けて季節性インフルエンザとの「ダブル流行」が懸念されることから、会合自粛などの措置で感染防止を図り、医療提供体制が崩壊しないよう備える方針。

財務省有識者でつくる財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の歳出改革部会を開いた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績が悪化した中小企業などを支援する「持続化給付金」事業などについて、緊急時の支援策だとして延長せずに予定通り終了するよう提言。

・政府は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、年始の休みが集中するのを避けるため、2021年1月11日まで休暇期間を延長するよう、今週中にも経済界に要請する方針。

・フランス保健当局は同国での1日の新型コロナウイルス新規感染者数が初めて5万人を超えたことを発表。フランスで過去24時間に確認された新規感染者の数は過去最多の5万2010人を記録。24時間で116人が死亡し、死者数の合計は3万4761人。

・週明け26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落し、前週末比650.19ドル安の2万7685.38ドルで取引を終えた。下落幅は9月3日以来の大きさ。米国や欧州で新型コロナウイルスの新規感染者が急増していることが懸念され、売りが強まった。

 

27日

・東京都で新たに158人の感染を確認。

大阪府で新たに142人(前日比99人増)の感染を確認。

・萩生田文部科学相閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染症対策の年末年始休暇の分散化を巡り、学校に対して冬休みの延長や分散を一律で求めない考えを示した。「教育委員会などが適切に判断すべきだ」と述べた。

・西村経済再生担当相、記者会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の提言を受けて、国民に要請した年末年始の休暇取得について「分科会から求められたのは休暇の分散だ」と強調。一部による12月26日から来年1月11日までの「17連休」を要請しているとの指摘を否定。

・政府の観光支援策「GoToトラベル」について、公明党は来年春の大型連休「ゴールデンウィーク」まで継続するよう菅総理大臣に要望。総理は「予算がなくなったからやめるということではなく、全体状況を見ながら判断したい」と述べた。

新型コロナウイルスの影響を受けている学生の就職活動を支援するため、萩生田文部科学大臣など関係大臣は、経済4団体に対し、卒業後少なくとも3年以内は新卒扱いとする国の指針を踏まえた対応を要請。

・政府・与党は、来年1月末に期限を迎える観光支援策「GoToトラベル」事業について、延長する方向で調整入。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ観光需要をなお下支えする必要があると判断。具体的な延長幅などを今後詰める。

ANAホールディングス(HD)は、未定としていた2021年3月期決算の業績予想で、最終的なもうけを示す純損益が5100億円の赤字になる見込みと発表。赤字額は、これまで最大だったリーマン・ショック後の10年3月期(573億円)を、大きく上回る。前年の純損益は276億円の黒字。

日本航空(JAL)の2021年3月期連結決算の最終利益が赤字に転落する見通し。前期は534億円の黒字。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、国際線を中心に旅客数が激減していることが影響。最終赤字となれば、再上場した12年以降では初めて。

・英国の研究者が実施した調査で、同国の人口に占める新型コロナウイルスの抗体保有者の比率が夏場に低下したことが判明。感染後の抵抗力が長続きせず、社会全体の免疫が弱まっている可能性を示唆する結果と。

・イタリア政府は新型コロナウイルスの感染者が前日から2万1994人増え、累計56万人を超えたと発表。1日の新規感染としては過去最多。新たな死者は221人で、累計で約3万7千人。1日の死者が200人を超えたのは5月以来。

・政府は新型コロナウイルスの感染拡大で「都市封鎖」された中国湖北省武漢市の邦人帰国に協力したとして、現地の中国企業など4団体に「外務大臣感謝状」を授与。 4団体はIT関連会社「武漢光庭情報技術」(朱敦尭代表)、バス会社2社、北京の日本大使館チームの帰国支援拠点となった武漢のシャングリラホテル。

 

28日

・東京都で新たに171人の感染を確認。

・北海道は28日午前の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、独自の警戒ステージを5段階の「1」⇒「2」に引き上げ。

・愛知県で2新たに、51人の新型コロナウイルスの感染が確認。1日の新規感染者が50人台となったのは2カ月ぶり。

厚生労働省新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の会合が開かれ、国内の感染状況について「10月以降微増傾向が続いている」とした。「横ばいから微増傾向」としていた前回(22日)の評価よりも悪化した形。首都圏で感染者が減っておらず、繁華街でのクラスターが発生した北海道や青森、宮城、群馬、埼玉、沖縄などで増加傾向がみられると。

・「GoToイート」事業のプレミアム付き食事券を巡り、京都GoToイート事務局は、京都府内のファミリーマートで食事券の発行用紙が不足しているため、入金・発券手続きを一時中止することを明らかに。手続き再開のめどは11月中旬としている。

自民党の下村政調会長新型コロナウイルス感染拡大防止策として政府が要請している年末年始休暇の分散化に関し、当初は来年1月11日まで連続休暇となるかのように発信されたと指摘し、「事前に党と調整し、正しい発信ができるよう配慮してほしい」と苦言。

・ドイツのメルケル首相は、再拡大する新型コロナウイルス流行に対応するため、11月2日から1カ月間、緊急の部分的なロックダウン(都市封鎖)措置を実施すると発表。メルケル首相は16州首相との会合後、感染状況が「極めて深刻」で、「直ちに行動を取る必要がある」と言明。同時に、新たな措置は経済的影響を最低限にとどめることが目的とも強調。新措置の下、集会は2家族、10人以下に制限。私用および不要不急の旅行の自粛を促し、ホテル宿泊は出張者のみに限定。レストランやバー、ジムやプール、映画館、劇場は閉鎖。コンサートなどは中止されるが、プロスポーツのイベントは観客なしで開催が許される。

・フランスのマクロン大統領は、国民向けテレビ演説を行い、同国で急速に進む新型コロナウイルスの感染拡大を止めるため、新たなロックダウン(都市封鎖)措置を導入すると発表。期間は29日夜から「少なくとも12月1日」まで。バーやレストラン、必須ではない商店は閉鎖が命じられるが、春に2か月続いた前回のロックダウンとは異なり、学校は閉鎖されない。全面的な活動停止による経済への打撃を軽減するため、工場や農場は操業が許され、公的サービスの一部も稼働を続ける。

アメリカ・ハワイ州が、11月から、条件を満たせば、日本からの観光客を受け入れると発表。ハワイ州では現在、アメリカ国内からの来訪者は、到着の72時間以内に受けた検査で陰性であれば14日間の隔離が免除されている。ハワイ州のイゲ知事は27日、11月6日から、検査結果が陰性であれば日本からの観光客らも隔離を免除すると発表。

・秋の新学年を迎えた英国の大学がコロナ禍で大混乱。授業料収入を目当てに強引に対面式授業を再開したところ、学内でクラスターが相次ぎ、わずか1週間で1万人近くの学生が感染。英政府の感染対策の迷走も混乱に拍車をかけており、英大学は「クラスター」「財政難」「政府の迷走」の三重苦に直面。

・新型コロナ ロシアで集団感染相次ぐ 有名劇場でも: 新型コロナウイルスの感染が再び拡大しているロシアでは、世界的に有名なボリショイ劇場などで集団感染が相次いでいるほか、ラブロフ外相も感染者と接触していたことが判明し、隔離措置がとられることに、との報道(今頃感ある報道…ずいぶん前から集団感染ばっかりだったけど、通常運転なのよね、ロシアのバレエ団…)

 

29日

・東京都で新たに221人の感染を確認。

・大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客らも含めた国内の感染者が累計で10万人超に。

・政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は歓楽街が起点となる感染拡大の防止策について報告書をまとめた。足を運びやすい相談・検査拠点の設置のほか、風評被害などを防ぐ取り組みも求めた。

・「雇用調整助成金」(雇調金)の上限を引き上げた特例措置について、政府・与党が期限の12月末以降も継続し、必要な財源を令和2年度第3次補正予算案に盛り込む方針を固めたことが判明。新型コロナウイルスの感染再拡大で国内の景気回復は遅れており、3次補正で編成する追加経済対策は総額10兆円超になる見通し。菅義偉首相が11月上旬にも関係閣僚に指示する。

国際体操連盟(FIG)、男子個人総合で五輪2連覇の内村航平選手が新型コロナウイルスに感染したと発表。無症状。オンラインで記者会見したFIGの渡辺守成会長によると、28日に選手やスタッフに対して実施したPCR検査の結果が29日に判明し、内村選手が陽性。→10/31国際体操連盟(FIG)、内村航平について「偽陽性」だったと発表。国際大会の医師団バックアップチームにより、30日に内村は3カ所でPCR検査を受け全ての検査結果が陰性。医師団は結果と無症状や経過を総合的に考慮し、「偽陽性」との最終結論に。都内病院は管轄の保健所に対し、内村の陽性届け出を取り下げる報告を行った。(3回陰性ならOKというのはなにか基準があるの…?何度も検査受けた人だけ特権的に思える。)

・スペイン議会は、新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない中、25日に全土対し発令した期間2週間の緊急事態を来年5月9日まで延長した。

・米ニューヨークの音楽の殿堂カーネギーホール新型コロナウイルス流行を受けた今年3月からの休業期間を延長し、来年の4月5まで休業すると発表。ニューヨークでは、劇場街ブロードウェーが来年5月末までの興行中止を決めたほか、世界最高峰のオペラハウスの一つであるメトロポリタン歌劇場(MET)も来年秋までの休業を発表している。

・World Ballet Day 2020。外国に容易にいけないとこういう配信のありがたみがよりいっそう増すな、と感じました…。

 

30日

・東京都で新たに204人の感染を確認。

・全国各地で発生したクラスター(感染集団)とみられる事例が、今月26日までに計1761か所に上ることが、厚生労働省のまとめで判明。

・政府は、海外への短期出張から帰国・再入国した日本人らについて、帰国後14日間の待機措置を条件付きで免除することを決定。

・茂木外相は記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中国、韓国、台湾、オーストラリアなど9カ国・地域に出している「感染症危険情報」を、これまでのレベル3(渡航中止勧告)からレベル2(不要不急の渡航自粛)へ引き下げると発表。一方、ミャンマーとヨルダンはレベル2から3に引き上げ。レベル3の対象は152カ国・地域に。

観光庁はGo To トラベル事業において、1回の旅行で7泊までを支援の対象とするルールを新たに導入すると発表。11月17日0時以降の予約・販売分から適用。同庁では、7月22日~10月15日の利用実績(速報値)が少なくとも約3138万人泊で、約1397億円の割引支援を実施してきたことを公表。この中で、ビジネス目的の利用が多く、8泊以上の観光目的での宿泊がごく少数であるという実態が確認されたことから、本来の観光需要の回復という目的に照らし、泊数の制限を導入することに。

・赤羽国土交通相閣議後記者会見で「GoToトラベル」で観光を主な目的としない旅行商品は支援の対象外にすると明らかに。通常の宿泊料金を大きく超えるサービスが付いたものも除外。ビジネス出張の手配を目的としている予約サイトも適用外。11月6日以降の販売分から外す。

・国の観光支援事業「GoToトラベル」で宿泊予約をした客が無断キャンセルする事案が各地で相次いでいることが判明。旅行先の店舗で使える電子クーポンの不正取得が目的とみられる。赤羽国土交通相は同日の記者会見で「不正使用があれば警察と緊密に連携して対応する」と述べ、対策を講じる考えを示した。

横浜スタジアムはWithコロナにおける大規模イベントガイドライン策定に向けた技術実証を実施。初日のこの日は最大収容人数3万2402人の80%が目安として開催された。神奈川県などと連携し、高精細カメラによる球場内着席時における感染リスクの検証、試合前後の球場周辺での人流発生における感染リスクの検証などなどを行った。この日は上限80%のため2万5921人が定員だったが、観衆は1万6594人で目安届かず。(実際に感染した場合とかどうするんだろう…)

新型コロナウイルスの経済対策の持続化給付金を不適切に受け取る事例が相次いでいる問題で、経済産業省は30日、返還の申し出が6千件以上あったと発表。不正受給による逮捕報道を受けて申し出が急増しているという。

日本航空でグループ外企業に一時的に出向や派遣している社員数が1日当たり約500人に上っていることが判明。受け入れ先は宅配便大手のヤマトホールディングスのほか、官公庁や教育機関など10以上の企業や団体。

・世界的名門ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が11月に来日公演を行うと、招聘元のサントリーホール(東京)などが発表。5~14日に北九州、大阪、川崎、東京で公演を開催。サントリーホールによると、新型コロナウイルスの感染拡大で、同ホールでの海外の音楽家による公演は2月下旬以降、中止されていた。

USJは1政府がイベント、エンターテインメントのチケットの割引やクーポン等付与により販売額の20%を負担する「GoToイベントキャンペーン」の対象商品として、「Go To USJ 1デイ・パス」を発売。

・フランスで今年の春以来となる2度目の外出制限が全国一律で開始。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は30日の記者会見で、新型コロナウイルスは「相当数の人に、深刻な後遺症を残す」と警告。

 

31日

・東京都で新たに215人の感染を確認。

・北海道は、全体で81人の感染を確認したと発表。

ハロウィーン。例年多くの若者らが集まる東京・渋谷のスクランブル交差点付近は、自粛ムード。新型コロナウイルスの感染が広がる中、週末で大勢の人が訪れたが、仮装姿はまばらで、大きな混乱はなく。

・北関東で相次いだ家畜や果実の窃盗事件で、関与が疑われるベトナム人グループ(入管難民法違反容疑で逮捕)のメンバーは熊本、島根、岐阜、静岡など各地から集まっていたことが捜査関係者への取材で判明。一部は「新型コロナウイルスの感染拡大で仕事がなくなった」と供述。不法残留などの疑いで群馬県警に逮捕されたのは20~39歳の男女13人で、大半は技能実習生。一部は日本に渡航する際、ブローカーに仲介料60万〜100万円を支払い、この金を返すために不法滞在を続けていたと。「渡航制限で帰国できなかった」と説明している容疑者もいると。県警は、コロナ禍で仕事がなくなったことなどで生活に困り、SNSを介して集団生活のグループが形成されたとみており、窃盗事件との関連を調査。(10/26ニュース:群馬県内外の農家から家畜や果物が相次いで盗まれた窃盗事件に絡み、群馬県警入管難民法違反の疑いで、太田市に住むいずれもベトナム国籍の20~30代の男女計13人を逮捕。)(技能実習制度の犠牲者…)

 

 

*******

 

■2020年1月~3月

ju-hachi.hatenablog.com

■2020年4月~6月

ju-hachi.hatenablog.com

■2020年7月~9月

ju-hachi.hatenablog.com

2020/9/27 DAIFUKU Vol.6 『Storong.B』感想

コロナ騒ぎが始まって以来、やっと、やっとのダンス鑑賞です。

 

こちらの公演も、3月に予定されていたものの延期になり、更に延期公演も座席数減のために払い戻しからの再販売、という紆余曲折を経てやっと鑑賞にこぎつけたものでした。

 

会場はRei Dance Collectionさんのスタジオ2階で、元町・中華街商店街の近くにありました。

スタジオの建物の2階に上がり、検温してもらってからチケットを購入しました。

払い戻し対策のためか、料金の支払いは当日でした。

 

会場内は靴を脱いで入る形で、入場の際に靴を入れる用のビニール袋が渡されました。

(靴を脱ぐ必要があること、できたら事前に知りたかったなぁー…)

 

客席にはパイプ椅子が設置してありました。

当初座席より減らしてあるはずですが、思っていたよりもぎっちりおいてある印象でした。

椅子は市松模様状に並べられている感じではあり、最後列は上げ底の台がおいてありました。

 

開場時から、会場にはかっこよさげなBGMがかかっています。

客層はかなり老若男女入り混じっていて、不思議な感じでした。

 

1列目の人にはフェイスガードが配られていたようでした。

スタッフさんと、「着用はご自由に」といったことを話していた人がいたので、必須ではなさそうでした。

 

(ちなみに、延期前の公演の時には"演出の都合上、暗めの服で来てください"という案内があったので苦心して真っ黒の服で来たのですが、そんな感じでなくてもよさそうでした。。。)

 

プログラムやチケット、キャスト紹介の冊子が凝った作りで、その冊子とコロナ対策用の連絡先記入カード、鉛筆、一枚チラシが挟まってセットになってい座席に置いてあり、連絡先記入カードは最後、帰る時に箱に入れいくという仕組みでした。

 

 

プログラム/チケット/キャスト

programsprograms

 

 

 

 

休憩なしの1時間程の公演でしたが、いやー、かっこよくて、面白くて、あっという間の公演でした。

 

開始前から、あらかじめ「ダンサーが結構、突っ込んできますので」と、スタッフが説明していた通り、客席ぎりぎりまで来てダンサーが踊っていて、大迫力でした。

 

ダンサーが踊るスペースには、ランウェイのようなT字型のステージが設置してありましたが、そのステージが、上で踊るのももちろん、時にはバーのように、時にはテーブルや椅子のように、更には何かの境界線のように使ったりと、とても効果的に使われていました。

 

ただ、臨場感は抜群なものの全体的にいささか踊るスペースが狭過ぎたのでは…もう少しスペースがあったらもっと大きく踊れそうなのになぁ、と思ってしまいました。

 

 

プログラムに12の作品名が書いてありましたが、短い作品もあったり、作品ごとの明確な切れ目があまりない部分も多いように感じて、最初の方は1作品が終わったのに気づかなかったです。(後から思い返して、あ、切れ目だったかな?という感じ。)

 

 

01.PENINGでは、最初は全体的に黒い衣装、フードを被って、かろうじて男女が区別つくくらいの、誰だかわからないような不気味にも見える様子でダンサーが登場し、スタイリッシュでキレッキレの踊りを繰り出していきます。

しょっぱなから大興奮でした。

観客の出入り口もダンサーの出入り口になって、ダンサーがどこから登場してくるかもわからないのが面白かったです。

最初は男性メインの踊りですが、途中からはポアントの女性ダンサー達も加わり、舞台上はダンサーでいっぱいになり、目が足りなかったです。

 

02.rice cake stuffed with... は要するに「大福」…演出の大和雅美、福田圭吾の挨拶のようなデュオでした。

舞台の後ろの幕をカーテンのように退場していて面白かったです。

 

03.Enchant(e)は新国立バレエ団の木下・速水・小柴のトリオ。

回転やステップが次々と繰り出され、脚をつかんだり、持ち上げたり、組体操のようなアクロバティックなシーンもあり、「Strong」が相応しい踊りでした。

 

04.scrambleでは、ゲストミュージシャンのHuman Beat Box、HIRONA氏が気持ちよく、ハマった!と思うような感覚をもたらしてくれる素晴らしい演奏(という言い方でいいのか?)で会場を盛り上げていました。

いったいどうなったらあんな複雑な音が人間から出せるのか…もう神業すぎて、「すごい」としか言いようがありません。

踊りも見ごたえありました。

たぶんこのプログラムの中で、直立のダンサーの肩を跳び箱のように跳んでいた部分があったような。

OPENINGでは黒シャツだった女性ダンサー達がポアントなしで、カラーシャツを着て踊るシーンもとても華やかでした。

 

(ここまでのプログラムは結構切れ目なく上演されていて、私は途中まで1作品かと思っていました。。。)

 

 

05.connecting people(多分プログラムの記載誤植?)は梶田留以のソロ。

滑らかに動いたかと思えば、ロボットのようにカクカク動いたり、何かに操られているかのように多彩な動きでした。

最後はスマホが鳴り、電話に出て、「今?本番中」とか、「GoToはまだだよ?」とか、「次本番あるから、11月ね」とか会話しながら去って行くところで会場からも笑いが。

(今度KAATでやる「星の王子さま」のチラシがプログラム冊子に入っていましたので、それのことですね。)

 

06."b"は福田兄弟のデュオ。

プログラムには記載ありませんでしたが、途中から福岡雄大も加わっていました。

キラキラのミラーボールの中、手押し相撲をするような振りもあったりしつつ、コーラ争奪戦を繰り広げていました。

 

07.あいうは要するに「バレエ101」の日本語版でした。

白トップス、黒タイツの練習ウェアっぽい衣装の小柴富久修がマイクの指示に合わせて踊っていきます。

少し最初の方の指示が聞き取りづらかったのがちょっと残念でしたが、とっても面白かったです。

尺も長めで、すごくハードだったと思うのですが、疲労の色も見せずに踊り切っていてすごかったです。

 

ネタの部分、一部記録しておきます。

"お"「おつかれさまでした」、”き”「キス」、"け"「ケツ」、"し"「下手にキス」、"せ"「正解」、"そ"「ソッテ」「反って」、"た"「ダンスールノーブル」、"ち"「チャコット(スポンサーよろしくお願いします的なことを言っていた)」、"つ"「痛風」、"ほ"「ホップ、ステップ、ジャンプ」、"や"「ヤケクソ」、"よ"「米沢唯(チャコットのポアント宣伝に載っているあのポーズ)」、"ゆ”「Youtuber」。

 

08.witzは福田圭吾の有名なソロ、もう大迫力で回転部分では床が抜けるんじゃないかと思いました。

09.Yokiは11人の女性ダンサーたち全員の踊りで、目が足りなかったです。

10.rememberは男女の切ないパ・ド・ドゥでした。

 

HIRONA氏が演奏する11.soloと12.assembleはほとんど一続きのようになり、全員が今日のプログラムのダイジェストを魅せるような感じのフィナーレでした。

速水渉悟が高速ピルエットを繰り出し(これを見て、取り損なったドン・キの主演チケットは絶対に買い足そうと思いました)、小柴富久修が"あいう"のネタ、エカルテとエファセのドゥヴァンとデリエールをぐるぐる繰り返す振りの後、瀕死の白鳥のような羽ばたきで去っていき、女性ダンサーの群舞はかっこよく美しく、最後まで圧巻の素晴らしいパフォーマンスでした。

 

アンコールの後、打ちあがる花火を見上げるかのようにして去る、福田圭吾がとても印象的でした。

 

 

たった1時間だったとは思えないほど、濃密な公演でした。

飛沫を気にず鑑賞できれば是非ともヒューヒュー声をかけながら見たかったです。

中止にならず、本当に良かった!

 

次回公演も楽しみです。

 

 

 座席表

seats

2020/8 マルハニチロ 広東名菜赤坂璃宮 飲茶(冷凍食品)"海老にら饅頭""海老餃子"モチモチの皮とあふれる旨味

近所のスーパーの冷凍食品売り場で気になる商品を見つけました。

 

マルハニチロ 広東名菜赤坂璃宮 飲茶 海老にら饅頭 (税込 537円)

fod

マルハニチロ 広東名菜赤坂璃宮 飲茶 海老餃子 (税込 537円)

food

 

 

ステイホームの影響でこういう高級志向でお手軽に食べられるものが増えてたりするんでしょうかね…。

 お値段もちょっとリッチですが、その分かなり本格的な感じに見えます。

 

ということで、購入してみました。

 

まず、「海老にら饅頭」の方。

 

food

 

見た目コロンとしていてちょっとかわいいですね。

レンチンします。

 

food

 

あ、ちょっとレンチンやりすぎたかな…。

ちょっと爆発しちゃったものの、汁が出ちゃっているかも…。

 

でも、汁が皮の中にたまっている様子が良く分かります。

ニラのいい匂いがするなあー

 

food

 

皮がモチモチで、中身の餡も本格的なお味…!

旨味が凝縮された汁もめちゃくちゃおいしいです。

 

海老の身のプリッとした食感がとてもいいです。

 

 

続いて「海老餃子」。

海老にら饅頭よりさらに小ぶりです。

 

food

 

見た目がすごいかわいい…

レンチンします。

 

food

 

火が通ると薄ピンクで一層かわいい…!

 

food

 

これも本格的なお味です。

皮がこれもモチモチで、海老の身がぎっちり。

でも、小ぶりなのでポンポン食べれちゃいます。

 

海老好きとしては海老餃子の方が好みでした。

ニラとか香り物好きな方は海老にら饅頭おススメです。

 

後日、中華ちまきの冷凍食品も売っていたので食べてみました。

食べやすいお味でこちらもよかったです。

 

レンチンだけでお手軽にリッチな味が楽しめるのがいいですねぇー

 

見かけたらぜひぜひお試しください。

 

ごちそうさまでした。

 

2020/8 天丼てんや"天然車海老天丼" 気軽に揚げたての大海老が食べれる!

出かけたついでに天丼を食べました。

 

天丼てんやさん、うちの近所にあったお店、無くなっちゃったんですよね…

出かけないと食べれなくなってしまって残念です…

 

普通に海老天ののった天丼を食べようかと思っていたんですが、こんなメニューが。

 

menu

 

 

いや、結構いいお値段ですが、天然車海老がこんなにさっと入ったお店で食べれていいんだろうか…。

(しかも海老追加なんてできるなんて…。)

 

これは注文するしかありません。

いいお値段だけど…。

 

流石に海老天追加は思いとどまって注文し、ものの5分も立たずやってきました。

 

天然車海老天丼 (税込 1,280円)

meal

 

皿から海老天があふれてる…!

いやー贅沢ですね。

 

天丼の向こう側であんまり映っていませんが、ホワイトアスパラガスのピクルスが付いています。

想定より酸っぱいお味でした。

 

a bowl of rice topped with tempura

 

気負わずにお店に行ってこんな天丼が食べれるなんて最高ですねぇー

 

海老天、揚げたてサクサクでした。

先の方まで細くない身で、しっかりとした弾力があって旨味が感じられました。

 

a bowl of rice topped with tempura

 

食べ応えバッチリです。

 

サクサクの衣も最高です。

揚げたてが食べられるなんて幸せ…!

 

甘いタレとも絶妙マッチでご飯も進んじゃいます。

 

お腹いっぱい、大満足の海老天丼でした。

うちの近所、またお店出してくれないもんでしょうかね…

 

ごちそうさまでした。

 

2020/8/28 ユジク阿佐ヶ谷 休館前ラスト

明日から休館となる映画館、ユジク阿佐ヶ谷さんに行ってきました。

 

movie theater.

movie theater

movie theater

 

movie theater

movie theater

 

ユジクさんがあるから阿佐ヶ谷近くに住もうか、などと検討していたこともあるくらい、ステキな映画館だったので、何とも寂しいです。

 

 

 

movie theater

movie theater

 

チケットは当日0時からオンライン販売。

通常時でも50席程の映画館なのに、更にコロナ対策のため座席数を半分に減らしていらっしゃるということで、チケット争奪戦は凄まじいものでした…。

 

特にその日最終の上映回の「銀河鉄道の夜」のチケットは、ものの2分後には消え去り、0時40分頃にはすべての回が満席状態となっていたのを確認しました。

 

私が最後に鑑賞したのは、名作「ひまわり」。

いい映画でした。

 

「ひまわり」はこの日一番最初に上映される映画で、ロビーで待っている間には、オンラインで既に満席だったもののチケットを求めるお客さんがひっきりなしに訪れている様子、また電話でもチケットへの問い合わせが絶えない様子などが伺えました。

 

 

ユジクさんと言えば黒板アート。

最終日のこの日、黒板に描かれていたのは「ミッド・サマー」でした。

 

art

art

 

(…この映画を見た時のトラウマが…蘇ってしまいます…。)

 

探したら2018年6月に伺った時の黒板アートの写真が残っていました。

「バーフバリ」の時のですね。

 

art

 

こちらで上演してくださったおかげで出会えた映画がたくさんあるなぁ…。

 

movie theater

movie theater

 

本当にありがとうございました。

ぜひ、ぜひまた開館してほしいです。